« よろよろと新国立劇場へ | トップページ | 八咫烏、の卵 »

2018.05.10

豊洲で復活!

5月9日(水) 「修羅天魔ー髑髏城の七人 〈極〉」14:00〜 於・IHIステージアラウンド東京

4月4日に見て以来、2回目の観劇。髑髏城シリーズ・花鳥風月は、最初の花しか見てないというのに、ここに来て2回も見るとは、我ながらどうかしてるみたい。ま、古田新太ロスだったのかもしれん。一般発売の日の午前中、なんとなく思い出してアクセスしたら、「あら、まだ買えるじゃん」と、うかうかと。なので、500円だけお安いサイド席にて。
右側のサイド席最後列(16列)、右端から2つ目で、後ろは壁なので姿勢は結構自由なのと、前列の右端から2席が空席だったから見やすかった。どちらもラッキー(買ってたのに来られなかった人にはお気の毒だけども)。

またも中途半端に30分ほど前に着いてしまい、お昼たべてないよぉ、コンビニに寄りそこねたし(豊洲駅から歩いたので途中にはナシ)。結局、カバンに入ってたスニッカーズと水筒のお茶でしのいだのであった。

さて、お芝居は……一度見てるので、その上で、夢三郎(竜星涼)を見ると、「ふーむ、実はあんな奴なんだよね」などと。歌は上達してなかった でも、カッコいい。。

私の中では、この修羅天魔は竜星くんを発見(笑)したお芝居、ってことになるのかもね。また、全く違う役柄で見るのが楽しみ。三宅弘城、梶原善といった、ちょっとおかしい役柄の軽やかさとか、川原正嗣の渋みとか、いろいろ味わい深くて楽しかった。

それほど時差ボケはひどくないけど、疲れはそりゃあ残ってる。いや、残ってた。でも、豊洲でグルグル観劇のお陰で、なんだか気分スッキリよ。


|

« よろよろと新国立劇場へ | トップページ | 八咫烏、の卵 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま
お帰りなさい。
そしてニアミス・・・というかニアどころじゃなく同じ劇場に
いてお目にかかれないとは非情に残念でした。
いやまさか私が平日マチネに豊洲くんだりにいるなんて
思いもしないことですよね(^^ゞ

>歌は上達してなかった
に思わず笑ってしまいました。
そうなのですよね。近ごろの若い子には珍しく歌があまりイケて
ないところも気になります。
ま、歌というところではアマミさんもあんまり・・・(以下自粛)。

私はライビュで先に観てしまったのですが、やっぱり舞台はナマだな
と改めて思いました。
そうそう、古田氏はライビュの時より調子よかったように見えました。
重量感ある殺陣もよかったし、第一噛んでませんでした(笑)。

投稿: スキップ | 2018.05.10 23:21

スキップさま

ただいまです
そうですよぉ、びっくりしました。平日ですし、千穐楽でもないのに、ナゼと思いましたもん。いよいよ神出鬼没のヒトになりつつあるのかな
でも、ここ豊洲でなきゃ見られないんですものね。それを思えば、恵まれ過ぎですね(東京偏重だ)。

歌はねー。まあその分、ミュージカル・パートがめっちゃ楽しかったから、相殺ってことにします。
古田さん、野田マップのチケット、頑張って取らなくちゃ。

そして、大千穐楽ライビュって、案の定、木曜日。この先のメタルマクベスもぜーったい木曜日だわ

投稿: きびだんご | 2018.05.11 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よろよろと新国立劇場へ | トップページ | 八咫烏、の卵 »