« 六本木で朗読を聴く・観る | トップページ | 見る日本文学史! »

2018.06.21

神保町で落語を聴く

6月20日(水) 「噺の種・第3回」 19:15〜 於・らくごカフェ

柳亭市楽
「寿限無」「阿武松」ーー抽選、休憩ーー「野ざらし」

E3a6304d40a04d77a7d075b5d181fa2a


六本木で朗読を聞いて、7時までちょっと時間があるなぁ。書の稽古帰りによく行ってたタリーズ(後藤花店の店内)で仕事してたんだけど、国立新美術館の「日本の書」展を思い出して、行ってきた。
そして、神保町交差点の、昔の岩波ブックセンター信山社の跡へ。ブックカフェになってるんだけど、いやはや、噂通りダメですわ、……とスゴスゴ引き上げて、らくごカフェへ。

この会は二つ目クンの勉強会。なんとなく、成り行きで予約してた。前回は見てないんで、これで2回目。観客は20人ちょっとかな。基本的に皆さん、見守りモード。とはいえ、もう結構なキャリアだから、生ぬるくはない、と言っておこう。それだけの期待も持てる3席だった。

市馬師匠が歌舞伎や相撲好きだから(詳しい)、そういうネタには厳しいんだそう。ネタおろしの「阿武松」は全体に、相撲取りのまっすぐさが出ていて、いかにも市馬の弟子、と思わされたわー。

歌舞伎座「野晒悟助」を見たものだから、「野ざらし」を聞きたくなってた。まさかここで聞けるとは。最後に太鼓持ちが出てこないバージョンでありました(川原の場面で仕込み忘れたのかと)。

あ、抽選は、入場時の番号(上のハガキの右下)で、扇子、手拭いが当たるというもの。全部で5本、当たりがあるんだけど、全く当たらない私です。

|

« 六本木で朗読を聴く・観る | トップページ | 見る日本文学史! »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六本木で朗読を聴く・観る | トップページ | 見る日本文学史! »