« 小劇場の醍醐味 | トップページ | プラハ! »

2018.08.17

短歌vs.俳句

8月15日(水) 「短歌と俳句の五十番勝負」刊行記念トーク 20:00〜 於・下北沢B&B

出演/穂村弘、堀本裕樹 司会/新潮社・北村

*お二人は、本の帯(とカバーを外した表紙)の忍者姿で登場。手に手裏剣の穂村氏と鎖鎌の堀本氏。最初に撮影タイムがあったけど……。

2450a1fde9d94687872923a25a3896e3


夜の8時から、というのが、さすが下北沢と言いますか、都会ですわ。余裕をもって7時25分くらいに到着したら、開場待ちの列ができてたので、そこに並んだ。書店なんだから、本を読みながら待とう、という目論見は早くも外れた。

最終的には、ぎっしり満員の80人ほどのお客さんだったらしい。前の方の席にも座れたけど、遠慮して(笑)、5列目あたりの壁際の席を取った。ここなら、ドリンクのカップや鉛筆なども、ちょっと置いたりできるからね。
アンケートを出して、今日の観客の選ぶ「ベスト対決、ベスト俳句、ベスト短歌を選ぶ、とのことで、せっせと記入。アンケートは開演前と休憩時に集められた。

とっとと出したものだから、話のきっかけのように、私のが読まれちゃって、あらあら。自分のが主流でないことは自覚してるけど、読みスジは外してなかったらしい。

この本は、一つのお題に対しての短歌と俳句、だけではなくて、それにまつわるエッセイが見開きで並べられている。出題者の肩書きや年齢も様々。どんな題を出したのか、というのも面白い。

ちなみに私がベスト対決にしたのは、馬場あき子出題の「ぴょんぴょん」。
………
ぴょんぴょんとサメたちの背を跳んでゆくウサギよ明日の夢をみている
ぴよんぴよんと熊楠跳ねて秋の山
………

鬼などという題が来るのでは、と構えていたら、意表をつく「ぴょんぴょん」だったとのこと。ま、これは、(前回ラカグでのトークの時も)穂村氏が俳句を大絶賛、なのではあるが。堀本さんには、故郷の和歌山を詠んだ句が多い。

ほぼ90分のトークの後、サイン会。こちらにも並んで、サインもらっちゃった。

とにかく二人とも若い人たちに人気があるので、ま、そういう人が多かったです。

E7c7bb75e9a44a78b5033904112cc33c


|

« 小劇場の醍醐味 | トップページ | プラハ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小劇場の醍醐味 | トップページ | プラハ! »