« 9月のスタートは、新宿&三軒茶屋 | トップページ | ドイツ列車旅1:マルクスの生誕地トリーア »

2018.09.02

リーディングドラマ

9月2日(日) 「リーディングドラマ シスター」 19:00〜 於・博品館劇場

作・演出/鈴木勝秀 出演/篠井英介・橋本淳

ーー 二人で贈る、静かな会話劇、今はじまるーー

この公演情報は、まずツイッターで橋本淳くんの呟きが流れてきて知った。だからこの日、この二人しか興味はなかったけど、計7組が出演。これって、パルコ劇場の「ラブレターズ」と同じだよね。
勢い込んで買ったのに、お安いチケットが出ていて、なんなのーーとも思ったけど、まあ前方席だから諦める。……だいたい、タイトルは「シスターズ」と思ってたよ。

横長のテーブルに椅子。まず橋本くんが出てきて座り、水差しの水をコップに注いで、本を開く。その後、篠井さんが同様に。二人とも白いシャツに黒のパンツ。篠井さんはワイドパンツかな。ま、女性ですしね。

客席が暗くなって、二人の会話のみだから、途中でちょっと意識を失いかけたことも。会話の切れ目切れ目に音楽(効果音とか)が入るんだけど、それが様々で、不協和音ぽかったり……。後でなんとなくその理由がわかるんだけども。

(たしか)3歳で死んだ姉と、現在は大人の弟との会話、という体。と言っても、会話する姉はちゃんと大人なんだ。名前とかは全然出てこないけど、アメリカあたりをイメージしてたなぁ。

橋本淳くん、わりと舞台で見る機会があって、主役バーン!というんじゃないけど、二番手くらい? けっこう気になる役者さん。今回、篠井さんとの組み合わせがとても良かった。意外と低めでボリュームある声で、読みも感情の乗せ方も上手だったな。篠井さんはもう、唯一無二、ですわ

|

« 9月のスタートは、新宿&三軒茶屋 | トップページ | ドイツ列車旅1:マルクスの生誕地トリーア »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月のスタートは、新宿&三軒茶屋 | トップページ | ドイツ列車旅1:マルクスの生誕地トリーア »