« 観劇脳が戻らない | トップページ | 台風一過、10月スタート »

2018.09.29

夜間開館めあてで上野へ

9月28日(金)

えー、宮島狂言は諦めることにいたしました 主催するSAPでは、29日は決行、30日は中止という判断(28日20時決定)。でも雨には違いないだろうし、30日に新幹線が止まるのもいやだし……というわけで。
正直いうと、29日も荒天中止になればチケット代が戻ってくる、という一縷の望みが……。

さて。今日は会期もほんと終盤になってしまった藤田嗣治展@東京都美術館へ。

B8ad7010276642da8cfdb6e3f9b614ce


前売券を買ってあったのよねー。なんとか行くことができてホッ。とにかく夜間開館の時に行くのだ!と思ってた。18時25分頃に着いたら、チケット売り場にはかなり行列が。流石に混んでるわね。まあ展示室はそれなりの混み状態というくらいだったけど。

日曜美術館で彼の人生をおさらいしてたし、府中市美術館でコンパクトに年代順を見ていたし、ということもあって、わりとさくさく見たかな。大原美術館蔵の大きな絵(舞踏会の前)にも、ここで再会。
絵だけではなくて、フランス永住時代に作った「装飾木箱」やお皿の類、夫人がその最期まで持っていたという「十字架」などにも、心惹かれた。

都美術館は20時までだけど、トーハクは21時までなので、そちらにも足を伸ばした。なんたって「メンバーズ プレミアムパス」を持ってるんですもの。少しは使わないとね。
平常展をのんびり見て回った。やはり刀剣のコーナーには他の部屋より人が多い感じ。

19世紀初めの「日光道中分間延絵図」(重要文化財)がケースにずいっと展示されてて、その最初の部分、千住宿には、おお私の今の本籍地はこの辺ね、とか思いながら見てた。
普通に(?)並んでるかのような書画や工芸品だけど、そのあちこちに「秋」が感じられるのも楽しい。

本館を出て、ふっと右を見たら、表慶館が綺麗でした。


7f26e81ac6bb4609aae2e1818895d9ff

門の近くでは金木犀が香ってたし、小さな秋を満喫した気分。


|

« 観劇脳が戻らない | トップページ | 台風一過、10月スタート »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観劇脳が戻らない | トップページ | 台風一過、10月スタート »