« ドイツ列車旅2:アーヘン | トップページ | やっちまった »

2018.09.05

昼夜、見応えあり

9月5日(水)

「出口なし」14:00〜 新国立劇場 小劇場
「贋作 桜の森の満開の下」19:00〜 東京芸術劇場プレイホール

いや、ほんとはこんなマチソワなんてしてる場合じゃないんですケド。なので感想はまた(の予定)。

シスカンパニーの「出口なし」は、3ヶ月近く前にチケット確保してた(カンフェティのポイントを使ったと思う)。
いっぽうNODA・MAPの方は……チケットぴあの当日券抽選にサイドシートを申し込んだら当たったのよ。先週申し込んで発表は月曜だったっけ。11月公演のチケットはあるんだけど、早めに見たいな、と思ってたから。でも、当たったら当たったでちょっと困る日程、と思ってたら、そういうのは当たるんだわね。
もちろん、万難を排して行ってきましたです。2階、左サイド席だったけど、それほど見づらい(見切れる)ということはなかったみたい。上から見る良さも味わえたし。野田さんの若い時の作だなぁ、というのを実感。

やっぱりね、観劇がエネルギー源、とつくづく思ってます。さて、これからがむばるゾ。

|

« ドイツ列車旅2:アーヘン | トップページ | やっちまった »

演劇」カテゴリの記事

コメント

ハシゴするにはハードな組み合わせですね(@_@)
頭パンクしそう
でもエネルギーチャージになればいいのか、いいですね!

投稿: 猫並 | 2018.09.07 07:13

猫並さま

ダメ元というか当たったらどうするよ、というのは当たるのね。
でも、芸劇は2階のサイドで気楽だったこともあって、わりとスッキリ気分で見られました。「出口なし」で重くなった頭が、別方向に働いた、のかも。
しかしノダマップ、後半また当日券にチャレンジしかねない

投稿: きびだんご | 2018.09.07 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツ列車旅2:アーヘン | トップページ | やっちまった »