« 旅するユーロ | トップページ | オペラを見に行く »

2018.10.05

現代能楽集なんだけど

10月5日(金) 「現代能楽集IX 『竹取』」19:30〜 於・シアタートラム

構成・演出/小野寺修二 脚本/平田俊子 音楽/阿部海太郎 出演/小林聡美、貫地谷しほり、小田直哉、崎山莉奈、藤田桃子、古川玄一郎(打楽器奏者)、佐野登(能楽師)

本日、プレビュー公演。これ、見るかどうか、迷うところでもあったので、(日程的にもちょうどよかったし)ちょっとお安く見たのでした。
迷った理由はただ一つ。小野寺修二の構成・演出だから。つまりは、ストーリーとか台詞の芝居じゃないよね、と……。

案の定、そうでした。独特の動き、フォーメーション! 空間構成とか(紐や布も使う)、打楽器演奏・効果音、それに照明、エトセトラ。これ、見てる人は全員、そもそも「竹取物語」がどんな話か知ってるという前提じゃないと。

見ているうちに、小林聡美も貫地谷しほりも、この前に見たのはどちらも「ふむむむ」な舞台だったな、ということを思い出した。ふむむむったって、つまんなかったということではなくて、実験的とでもいうのか、身体表現的な世界とでもいうのか。特に小林聡美はそういう傾向よね。

今まで私が見た「現代能楽集」のシリーズは、そう銘打ってはいても、お能に寄ってはいなかった。今回は能楽師出演というだけではなくて、動きのモチーフなど明らかにお能なあれこれ。
そうねー、現代美術家が映像作品を発表するじゃない? それを美術館で見る、なんかああいう感じもしたのよね。映像として見ればとても美しいと思う。

Dd1e2cc1110d48d0bb2d938afda30d3b


|

« 旅するユーロ | トップページ | オペラを見に行く »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅するユーロ | トップページ | オペラを見に行く »