« さい芸 vs. KAAT | トップページ | ござる! »

2018.10.23

歌舞伎座、戻りチケット確保!

10月23日(火) 「芸術祭十月大歌舞伎」昼の部 11:00〜 於・歌舞伎座

「三人吉三巴白浪 大川端庚申塚の場」七之助(お嬢吉三)、巳之助(お坊吉三)、鶴松(おとせ)、獅童(和尚吉三)ほか
「大江山酒呑童子」勘九郎、錦之助、歌昇、隼人、扇雀ほか
「佐倉義民伝」白鸚(木内宗吾)、七之助(おさん)、彌十郎(幻の長吉)、歌六(渡し守)、勘九郎(徳川家綱)ほか

今月、昼の部は歌舞伎会の先行で取ることができず(夜の部で制限枚数を使い果たした)、都合のいい日の戻りが出たら行こう、と思ってた。といっても、熱心にチェックしてたわけでもないけどね。流石に3階Bはおいそれとは出てこず、もう無理かなと思っていたところに、昨夜、3階1列通路脇を発見してポチリ。

昼はなんといっても「酒呑童子」が楽しかったなー。ほんと父親を彷彿とさせる踊りと愛嬌。もちろん年齢的にもまだ生硬な感じもあるけれども、勘三郎をしのぶのにふさわしい、という気がした。扇雀の頼光、錦之助の平井保昌も立派だし。

お昼を食べた後の「佐倉義民伝」は、ずっと客席も暗いし、もっと追善にふさわしいのがあるんじゃないの、なーんて思ったりしながら。第二場の宗吾内ではちょっとウトウトしちゃったよ。でも、江戸へ発つ宗吾にすがりつく子供たちの「行かないで」という叫びに、中村屋の兄弟を(勝手に)重ねちゃったわ。
次の寛永寺の場は一転、紅葉が美しく、大勢の登場で賑々しい。でもまあ直訴だから、行く末はね……。
私の実家のある地も「義民の里」で、今年は300年の記念の年だったんだけど、ちょうど豪雨災害の後だったから、大々的にはできなかったらしい(つまり義民はかなり身近だったの)。

幕開きの「三人吉三」は、残念ながら、サラサラと進んであっという間に終わっちゃった、という印象。若いから、ですかねー。

珍しく筋書を購入。クドカンや野田秀樹の文章などもあって熟読

|

« さい芸 vs. KAAT | トップページ | ござる! »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さい芸 vs. KAAT | トップページ | ござる! »