« フェルメール展に行く | トップページ | 神保町で落語を聴く »

2018.10.17

ゲゲゲ!

10月16日(火) 「ゲゲゲの先生へ」 14:00〜 於・東京芸術劇場プレイハウス

原案/水木しげる 脚本・演出/前川知大 出演/佐々木蔵之介、松雪泰子、白石加代子、手塚とおる、池谷のぶえ、水谷京香、水田航生、浜田信也、盛隆二、森下創、大窪人衛 美術/堀尾幸男

E5a7013cdec14926a3760538f585ca0c

いつも駅まで歩く道には、鬼太郎と仲間たちがいるんで、今日は出がけに「ねずみ男」を撮ってみた。そしたら舞台でも、佐々木蔵之介が演じる半妖怪(根津!)が、こんなポーズしてました。左右逆だけども。

地元民としては、見に行くでしょ、ではあったのだけれど、出遅れたしちょっとケチってA席(=2階の左サイド1列目)にしたら、下手側が少し見切れた。


やっぱり配役も載せないと面白くないか。↓


2c976654446e42b38f053c9f650762fb

もうねぇ、妖怪たちが皆あまりにピッタリなのよ。特に白石加代子! 楽しそうだし。イキウメ・チームの森下創も。手塚とおるとか浜田信也の、ある種の「いかがわしさ」全開だし、池谷のぶえの「新生物」ってぇぇ、とか。もちろん、蔵之介氏は詐欺師で半妖怪、ですしね。

水木漫画の持つ「闇」の部分と、前川さんのSF的構想力がうまく融合されてる感じ。途中、名前はわかんないけど南の森の妖怪だったっけ、が3体登場したのも含めて、水木しげるへのオマージュ

関係ないけど、一緒に撮ったわが町の「ぬり壁」も載せておくね。

A217e36e81464d4eb52c7cd7e670b724


|

« フェルメール展に行く | トップページ | 神保町で落語を聴く »

演劇」カテゴリの記事

コメント

オババってそのままじゃないか!と思いましたが、グレイッシュな巻き髪と赤い口紅も素敵なオババでしたねー
このお芝居、
どういうコンセプトなんだろうなって思ってたんですが、見てみたらオマージュか!と、世代的にとても納得しました。

投稿: 猫並 | 2018.10.17 17:05

猫並さま
こんなに白石加代子に合う役はないんじゃないか、と思うくらいでした。シリアスな舞台で、時に変な笑いが来たりするのを思うと、安心してみてられるし。松雪泰子も、朝ドラの母親よりもよっぽど似合ってたわー(毒)。

最初、このタイトルだけ見た時、ゲゲゲって、水木しげる?なんで⁉︎なんて思ってましたが、それこそ前川さんの中にしっかり存在してたもの、なんですかね。

投稿: きびだんご | 2018.10.18 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェルメール展に行く | トップページ | 神保町で落語を聴く »