« 豊洲市場開場の前日、鋼鉄城入城 | トップページ | フェルメール展に行く »

2018.10.15

勘三郎、七回忌か……

10月14日(日) 「芸術祭十月大歌舞伎」夜の部 16:30〜

(十八世 中村勘三郎七回忌追善)
「宮島のだんまり」
「吉野山」勘九郎、巳之助、玉三郎
「助六曲輪初花桜」仁左衛門(助六)、七之助(揚巻)、勘九郎(白酒売)、彌十郎(通人)、片岡亀蔵(若衆)、巳之助(朝顔仙平)、児太郎(白玉)、又五郎(くわんぺら門兵衛)、歌六(意休)、秀太郎(三浦屋女房)、玉三郎(満江)ほか

今月の観劇会、フルメンバー5人で。ということで、私だけではチケット確保できず、1枚、友達に頼った席がかぶりつきでして、ひゃぁぁ有難や、でした。何年ぶりかしらん。
しかも! 旧歌舞伎座の最後の月、團十郎の助六の時とほぼ同じ席だったのよねー。勘三郎も、團十郎、三津五郎もおらず……たった8年前のことなのに。ロビーの勘三郎の写真に手を合わせる。

「宮島のだんまり」は、かぶりつきなのに、これは誰?と思うくらいの役者さんの変身ぶり(…というのか? 単に顔がよくわかってないのかも。特に若者)。それより、よりによって宮島なので「ちっ、台風のせいで宮島狂言に行けなかったんだ」という思いが先に立つという……。

本日の目的がいくら助六だとはいっても、「吉野山」で寝るかだった私。ごめんなさい。ウトウトくらいだったと思うけど、開演前のスパークリングワインが効いたのかなぁ。
ラスト、花道から笠がストライク・豪速球(笑)で、みっくんの手に。私に目の前だったよー。

そして、待ってました! 仁左衛門の助六。私はお初なの〜。揚巻さんたちの豪華な衣装もバッチリ観察 ぐるぐる劇場で松也くんを見たばかりだったからか、そういえば傾城だったんだよ彼は、とか思い出して、この年月を実感したり。今回は芝のぶさんの正面で、それも嬉しかったけれど。
勘三郎追善だから当然だけど、ほんとに歌舞伎座最後の助六を思い出すわねぇ……。
でも、男伊達の面々や福山かつぎ(千之助)ほか、フレッシュなメンバーなのがまた楽しいし頼もしい。

肝心の仁左さま助六ですが、第一声から、ン? 少し喉に引っかかりがあるような声、と思っていたら、そっと洟をすするような時もあり(なんたってかぶりつきだから)、風邪ぎみでいらっしゃるよう。ご無理なさらず、とも言えないのが歌舞伎興行よね……。

この助六の兄が勘九郎の白酒売、母が玉三郎、と言うところで、それぞれ笑いが起きてたよ。

そうそう竹三郎さんが遣手お辰で、ほんと若々しくお元気だったのと、チラシの配役、最後に1行あけて「後見」でお名前のある松之助さんの後見ぶりに、しばしば目がいったのでもありました。

花道での通人には思わずジーンとさせられちゃったけど(この場では直球がふさわしいんでしょう)、もうすぐ丸6年か、と思うと同時に、この間の中村屋兄弟、一門の奮闘ぶりをたたえたい(が、やはり悔しいね)。

*千之助くん、大学生になったんだよね。ここでも年月を感じる。去り際の斜めの角度の顔がやっぱり孝太郎さんに似てるなぁと思った。
*意休といえば左團次さんだったけど、こちらも若返り。独特の憎々しさがあったわよね。あっ、過去形にしちゃいけない。まだ演じられるでしょう。

|

« 豊洲市場開場の前日、鋼鉄城入城 | トップページ | フェルメール展に行く »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豊洲市場開場の前日、鋼鉄城入城 | トップページ | フェルメール展に行く »