« 極めて私的に芝居を見る | トップページ | 歌舞伎座、戻りチケット確保! »

2018.10.22

さい芸 vs. KAAT

さいたま芸術劇場と、神奈川芸術劇場。

ひところは、さい芸にはわりと行っていた。主として、蜷川シェイクスピアを見るために。でも、いかんせん遠い(実際の距離よりも心理的に。特に駅からの道が)。蜷川さんが亡くなられてからは、多少興味がある、というくらいでは行かなくなっちゃった。
神奈川もねぇ……。電車がなかなか大変で(こちらは単純に時間がかかる)、これまたなかなか行けないのです。

が、この秋はKAATには2回行く、というか、感想が書けてないだけで今月すでに「華氏451度」を見に行った。白井晃(演出)、長塚圭史(上演台本)のコンビだったのと、新国立劇場で「1987」(←訂正 これはうちの息子の生まれた年。正しくは「1984」)を見た勢いで。
上演時間2時間弱のお芝居で、片道2時間。やっぱり遠かったなぁ。目の前に「中華街」があるのに、土曜マチネのあとそそくさ帰って来たんだわー。
来月は「セールスマンの死」。これソワレで見るから、帰り道とぼとぼ、になるかしら。こちらも駅のそばならば、まだしも、ではある。

ご無沙汰しているさい芸だけれど、来年2月に、松坂桃李くんで「ヘンリー五世」がある。これはぜひ行きたい!と思っている。そしてその前に、ー「ヘンリー五世 徹底勉強会」が全5回行われるので、ついつい通しチケットを買ってしまった(行けないとわかっている日もあるけど)。与野本町にGO

でも、本番ヘンリー五世は、2月の公演で、同時期に「チャイメリカ」(世田谷パブリックシアター)、「イーハトーボの劇列車」(紀伊國屋ホール)もある。で、私は寒さしのぎにベトナム中部へ行きたいな、などと思ってて、あらゆる予定がまだまだ混沌。さぁぁて。

|

« 極めて私的に芝居を見る | トップページ | 歌舞伎座、戻りチケット確保! »

演劇」カテゴリの記事

コメント

さい芸の心理的遠さ、まったく同感です。そして私も蜷川さん亡き後の公演には全然行っていません。今度行くのはいつになるやら。
KAATも滅多に行きませんが、観劇とは別に、小旅行的な感覚なのと、横浜の開放的な空気を吸うのが楽しみではあります。
常に変わらぬアクティブなきびだんご様‼ なかなかコメントできませんが、楽しく、時に共感しながら拝読しています。

投稿: SwingingFujisan | 2018.10.23 21:37

SwingingFujisanさま

いま、我が家から、白い雲の中で輪郭のくっきりしてない富士山が見えてますよー。

さい芸、ゴールドシアターなど蜷川さんのご存命時にも見てないのは、やっぱりこの実際以上に遠く感じる距離感からに違いない。でも、桃李くんは以前のハル王子もとても記憶に残っているので、楽しみにしてるのです。チケ取り、忘れないようにしなくっちゃ。
横浜……うーむ、開放的な雰囲気を味わえばいいのか どうも目的地へ直行直帰になってしまって。横浜美術館もいいんですけど、もっと緑を、と言いたくなります。


投稿: きびだんご | 2018.10.24 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 極めて私的に芝居を見る | トップページ | 歌舞伎座、戻りチケット確保! »