« シェイクスピア狂言 | トップページ | 1000年前の今月今夜も望月で……豊洲にて »

2018.11.22

二ツ目くん、がんばる

11月21日(水) 「第5回 いちらくご」19:00〜 於・神田連雀亭

市松・たらちね、市楽・紀州、喬太郎・品川心中ーー仲入りーー市楽・夜鷹そば屋

7b529b94894845d38987edad882d383a

二ツ目の市楽くんが、人気実力派の真打を助演に迎えての勉強会。隔月開催で第5回。私はこれが初めてで、会場の神田連雀亭も全く初めて。
いま改めてパンフを見てみると、2005年3月入門なんだって。13年! 月日が経つのは早いわねぇ。

これまでのゲストは、三三、桃月庵白酒、三遊亭兼好、五街道雲助の各師匠。

この神田連雀亭は満席でも38という小さい小屋(ビルの2階)だから、勉強会らしいというか、贅沢空間というか。

市楽くんの1席目は、直前まで出ていた名古屋・大須演芸場の話題から。東京のようにやってては受けないので……まだそれを引きずってて「芸が荒れてます」などなど。マクラから快調に笑わせつつ、バカバカしい噺をバカバカしく。
休憩の後の夜鷹そば屋では一転、人情噺(でいいのかな)をしっかりと。前座からの今日の流れが、とてもうまくいってたと思うなぁ。

で、喬太郎さん。前日まで落語協会の普及公演で10日間、九州などを回ってたことから。このことは「川柳のらりくらり」にも書かれてたけど、すごいスケジュールだな、と改めて。中でも、沖縄→高知(→あとは九州各地)で、直接行く方法がないので乗り継ぎで沖縄→羽田→高知! わらっちゃいました。

品川心中は、喬太郎さんが落語監修をしているドラマ「落語心中」でも聞いたっけね(岡田将生で)。やっぱり、同じ空間なのに、すっかり落語の世界というのか時代というのか。キッチリ胸を貸したというところかしら。

行きは御茶ノ水駅からニコライ堂の前の坂を下って途中左折、というコースだったけど(地図にらめっこ)、帰りはイルミネーションに惹かれてワテラスへフラフラと。途中で、あれ?どこ?と思ったりしつつも、四谷大塚から帰るお子さんに付いてったら、無事、御茶ノ水に戻れましたです。

42bdb69907e54ba5aadc9b2661c84e14

↑ワテラス。右は明治大学のマーク??


|

« シェイクスピア狂言 | トップページ | 1000年前の今月今夜も望月で……豊洲にて »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シェイクスピア狂言 | トップページ | 1000年前の今月今夜も望月で……豊洲にて »