« 親と子、それぞれの人生…… | トップページ | シェイクスピア狂言 »

2018.11.20

休憩で帰ろうかと思ったぞ

11月20日(火) 「銀杯」14:00〜 於・世田谷パブリックシアター

作/ショーン・オケイシー 翻訳・訳詞/フジノサツコ 演出/森新太郎 出演/中山優馬、矢田悠祐、横田栄司、山本亨、長野里美、三田和代ほか

第一次大戦中のアイルランド、将来を嘱望されたフットボール選手ハリーは、戦争で下半身不随となり……。

いや〜、のっけからつらくて、1幕後半(ではなくて2幕後半=前半の終盤らしい)は訳わかんなくて、休憩時にコーヒーで活を入れた。2幕はありきたりっちゃあありきたり、かな。
そういえば、フジノサツコ、森新太郎はどうも私には相性良くなかったっけね。

まあ、最初に出てくる若い女性が、神だとか罪業だとか、怒鳴るように喋るんだけど、乱暴な言葉遣いにそもそもついていけなかった。彼女はとても綺麗なんだけど、最後までそんな言葉の子。三田和代は、ついハリーのおばあちゃんかと思ってたら母親だし……。
ミュージカルと謳ってはいないものの、時にみんなで歌ってる。というか、「なぜここで歌う」という場面もあったのよ。
そして、1幕後半の戦場の場面では、それぞれの役者が等身大の人形を遣う。うーむ

横田栄司とか山本亨とか、好きな役者さんが出てたのになぁ。残念。よく2時間45分、付き合ったと思うわ。追加のポストトークがあったけど(若手5人)、疲れたから聞かずに帰った。

|

« 親と子、それぞれの人生…… | トップページ | シェイクスピア狂言 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親と子、それぞれの人生…… | トップページ | シェイクスピア狂言 »