« 大工調べを歩く、聞く | トップページ | スカイライト ・千穐楽 »

2018.12.23

休日は三鷹で落語

12月22日(土) 「柳家さん喬一門会」14:00〜 於・三鷹市芸術文化センター 星のホール

(柳家小平太 真打昇進披露)

4c2b09db1fba422b9b1d040cafc84b8f

開口一番(駒六・鮑のし、小太郎・四人癖、さん喬・笠碁ーー仲入りーー口上、喬太郎・小政の生い立ち、俗曲(檜山うめ吉)、小平太・野ざらし

三鷹の星のホールは我が家から行きやすいから、休日なぞはぴったり。難点は、チケットが取りにくい、ということかな。これは運良く、昼の部が取れたけども。

毎年、さん喬師匠の独演会が年に2回、行われてる。今回は特別に「真打昇進披露」の会として。小平太さんは、さん作→さん若→小平太。何度も見た(聞いた)ことはあった。口上でさん喬師匠が言ってたけど、入門時に33歳くらいで、今だったら30歳以下という条件でハネられる年齢。

前座さんは全く初めて。見た目もなかなか端正で落ち着いた高座。
その後に登場の、元・小んぶの小太郎さんが、かなりハチャメチャな悪がきタイプだからねー。「四人癖」は初めて聞く。鼻をこすったり、着物の袖を引っ張ったり、それぞれの癖をもつ4人が集まって、それをやったら罰金!という他愛ない噺。とても本人に合ってるんだろうなぁ。

ここで登場のさん喬師匠。柔らかい口調で「笠碁」。あー、普通の寄席で聞きたいわね。

仲入り後に、緞帳が上がったら、あれ?なんか法被の人がいる。この三鷹落語には欠かせない、市の財団主催だけども席亭と言っていいのかな、森元さん。不意打ちで、みんなザワザワくすくす。
下手から、小太郎・森元・小平太・さん喬・喬太郎、の順で、小太郎さんが司会。最後の「お手を拝借、ヨォッ」の発声も森元さんでした。

俗曲の檜山うめ吉さんは、名前はよく知ってたけど見るのは初めて。日本髪を結ってる人なのよね。意外にも(というのは、小菊さんや、元・小円歌さんtpはだいぶタイプが違って)、細い声で嫋やかな雰囲気。小唄や新内などを披露した後、踊りは奴さん。
実はこの方、倉敷出身で、高校も地元の進学校、というのを知って、「変わり種〜」と思ってたのよ。

真打おめでとう、の小平太さん。声とか口調は、さん喬写し、という気がした。見た目はがらっぱちというか職人ふうなんだけども。さん喬さんの、めちゃくちゃ「壊れた」野ざらしの記憶が強くて、もちろんそこまでじゃないけれども、面白かったよー。

3連休の初日、家族はみんな留守だし、三鷹から夜間開館の西洋美術館にでも行こうかな、という気持ちはあったんだけど、会場のホールの前からバス一本で帰宅できるんだし、とまっすぐ家に帰って来ちゃった。


|

« 大工調べを歩く、聞く | トップページ | スカイライト ・千穐楽 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大工調べを歩く、聞く | トップページ | スカイライト ・千穐楽 »