« さい芸で楽しい1時間 | トップページ | 最近、落語が復活気味 »

2019.01.22

罪と罰

1月18日(金) 「罪と罰」13:00〜 於・シアターコクーン(2階BL列9番)

 

原作/ドストエフスキー 上演台本・演出/フィリップ・ブーリン 翻訳/木内宏昌 出演/三浦春馬(ラスコリニコフ)、大島優子(ソーニャ)、南沢奈央(ドゥーニャ/リザヴェーラ)、山路和弘(スヴィトリガイロフ)、勝村政信(ポルフィーリ)、麻実れい(カテリーナ)ほか

 

今日、この「罪と罰」公演は、出演者体調不良のため休演となったとのこと。インフルエンザ、でしょうね。いやー、各劇場は戦々恐々ではないかしら。

 

私、自慢じゃないけど、ロシア文学ってほんとに苦手。そのきっかけが子供の頃のドストエフスキーだからねー。今回も、まぁ見に行くか、くらいだった(だからコクーン席)。でも、結果的には、とても面白くて、S席にしておけばよかったよ。だからといって、もう1回見るほどのエネルギーはない。休憩込み3時間40分ですし←立ち見の人が何人もいた。

 

オープニングから目を奪われる。階段状に作られた舞台、群衆(コロス)の存在、暗さとエネルギーを感じる。生演奏の音楽(チェロ、クラリネット、アコーディオン、打楽器も少々)も、不気味に(と思える感じで)鳴り響く。私はブーリンという演出家の芝居を見るのは初めてだけど、日本でも何本か演出してるのね。

 

三浦春馬くんのラスコリニコフや、勝村、山路といったベテランがさすが。若い女優2人が、ちょっと埋没してた感もあるけどね。

 

たまたま少し前に聞いた「キリスト教文学とは何か」のトークで、ドストエフスキーについても聞いたばかりで、不思議なつながり。これをきっかけに、ちゃんと読めばいいんだけどねぇ。

|

« さい芸で楽しい1時間 | トップページ | 最近、落語が復活気味 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

立ち見の人すごいですよね!
私は罪と罰って時点で立ち見なんて想定外で、それでも勝村政信は見たいので結果的にS席になってしまったようなものですもん。桜の森か日本人の歴史ならまだしも…
でもこれは見逃さなくて良かったと思いました。面白い演出でしたし、チェロの音がとっても気分にあってて1月からいいスタートって思いました

投稿: 猫並 | 2019.01.23 20:10

猫並さま

お互い、見逃さなくてよかったですよね! 私の場合、ほんと、見ようかなどうしようかな、でしたし。
しばらくシアターコクーンはハズレが多かったですが(個人的には)、このところ盛り返してますかねぇ。今後も、続けて見る予定なんです。

投稿: きびだんご | 2019.01.23 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さい芸で楽しい1時間 | トップページ | 最近、落語が復活気味 »