« らくごカフェ | トップページ | ヘンリー五世、おかわり »

2019.02.25

夜クラシックを楽しむ

2月22日(金) 「夜クラシック Vol.20」19:30〜 於・文京シビックホール 大ホール(1階15列1番)

出演/山根一仁(ヴァイオリン)、北村朋幹(ピアノ)

 

ドビュッシー「ベルガマスク組曲」より、月の光(夜クラシックテーマ曲)
シマノフスキ「神話ー3つの詩より第1曲『アレトゥーサの泉』」
シューベルト「ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第2番」
バルトーク「ラプソディ第1番」
…………休憩…………
ドヴォルザーク「4つのロマンティックな小品より第1曲」
ブラームス「ヴァイオリン・ソナタ第3番」
(アンコール)クライスラー「シンコペーション」

 

地元でこういうコンサートをやってくれたらいいのになぁ。若手のヴァイオリンとピアノでゆったりとした週末の夜でした。北村さんは今までに何回か聴く機会があった。山根さんは……初めてかなぁ。

 

トーハクの人出&待ち時間にグッタリした身体が、すっかり癒されました(トーハクはせっかく夜間開館なんだから、当初はこちらをパスして居続けようかとも思ってたけど、とても無理でした)。
ゆったりと静かに曲の世界を堪能。特にシマノフスキの曲は不思議というか面白いというか(ボキャブラリー皆無)、もっと聴いてみたくなった。

 

演奏者自身が曲の紹介をするのだけれど、山根さんはちょっとボソボソ言っててよく聞き取れなかった 北村さんも寡黙なタイプよね。でも、バルトーク以外は孤独な曲、みたいなことを言ってたような。
そうそう、山根さんの立ち姿(演奏する姿ね)がとても美しい。お隣さんはオペラグラス持参でしたわ

|

« らくごカフェ | トップページ | ヘンリー五世、おかわり »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« らくごカフェ | トップページ | ヘンリー五世、おかわり »