« 疑似家族の再出発の物語 | トップページ | 能楽堂でも佐々木盛綱 »

2019.03.06

3月はまず国立劇場

3月5日(火) 「国立劇場 歌舞伎公演」12:00〜 於・国立劇場 小劇場

「元禄忠臣蔵」御浜御殿綱豊卿
扇雀(綱豊)、歌昇(富森助右衛門)、虎之介(お喜世)、又五郎(新井勘解由)ほか
「積恋雪関扉」菊之助、萬太郎、梅枝
(1列16番)

最初、国立劇場の小劇場での公演、出演者は扇雀、菊之助、というのだけが発表された時、えっ?何やるの、と思ったんだけど、こういうことでありましたか。菊ちゃん、また岳父さまに教わるのよね、などと思ったくらい。小劇場じゃあ安い席はないし、発売日には日程決まらないし……こういう時こそ音羽会に頼むんだ。でも、かぶりつきじゃなくてよかったのに

扇雀の綱豊は「考えのある人」感が、妙に似合ってるなぁと。女形だと意地悪っぽかったり裏がありそうとかなのに(失礼!)。歌昇くんが汗を飛び散らせての熱演でした。
序幕の松の茶屋、ちょうど虎之介・お喜世が私の目の前に。なかなか可愛らしいのだけれど、着物の扱いとかがぎこちなくて、こっちが緊張しちゃったわ。
全く関係ないんだけど、大学入学時の研究室のボスが、新井白石研究者で、どーーしても思い出してしまうんだなぁ(細身の爺さま。あんまりいい思い出はない)。

関扉は、菊ちゃんが墨染を踊った平成中村座の記憶が強すぎる。たぶん、2回見たんだよね。浮かれ坊主とか、関扉の黒主とか、あえてやらんでも……。梅枝くんは細面のあの風情が、特に小町桜の精に似合ってる気がした。
菊之助、團菊祭では娘道成寺を踊るとか。新しい歌舞伎座で初めて踊るのが彼だったとは。夜の部、丑之助襲名初舞台もあるから、たいへんだー。

*ぼんやり国立劇場に行って、小劇場を通り過ぎ、チケット売り場も過ぎて、あれ?大劇場は今日やってないの?日にち間違えたか あっ、小劇場だった。
小劇場、開いてはいたけど、入口も賑わってなかったから、踊りの会かなんかのような気がしてしまったのよ。

|

« 疑似家族の再出発の物語 | トップページ | 能楽堂でも佐々木盛綱 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疑似家族の再出発の物語 | トップページ | 能楽堂でも佐々木盛綱 »