« 歌舞伎座・夜の部、再見 | トップページ | 書道な一日 »

2019.03.02

窪田正孝くん、顔ちっちゃ^ ^

3月1日(金) 「唐版 風の又三郎」14:00〜 於・シアターコクーン

作/唐十郎 演出/金守珍 美術・衣裳/宇野亞喜良 出演/窪田正孝、柚希礼音、北村有起哉、丸山正己、江口のりこ、風間杜夫ほか
(コクーンシートBR08)

シアターコクーンって、わりと唐十郎・作、というのを上演してるようなイメージ……。蜷川幸雄時代かな。私はそんなに得意じゃないんで、見るにしてもコクーンシートだな、というくらい。有起哉くんが出てなかったら、見なかったかも。落ち着いてキャストを見たら、豪華版だわね。でも、チラシのコピーを読んでもチンプンカンプンだよ。

立見の人がコクーンシートの後ろにもいっぱい(中2階もね)。こんなに大勢を見たのは最近はなかったと思う。今回は右側の席だったので、見切れ度が高かった。こればっかりは仕方ないか。3幕構成で休憩が計25分、トータル2時間55分。

最初から、自分に分かると思ってない、というか、理解しようとせずに目の前のことを受け入れる、という態勢だったので、そういう意味ではOK。柚希礼音さんにも興味津々だったしね。

主役の2人以外は、猥雑さてんこもり、という感じ。客席いじり?や、アドリブっぽいのもあるしね。そういう時、私の席からから遠いのはさておき、広い空間なものだから(2階から見下ろしてるわけだし)、せっかくのそのゴチャゴチャがすんごく薄まっちゃうの。
……なーんて、濃ければそれはそれで、疲れるとか言うに決まってんだけども。

ストーリーは全く追えない。でも冒頭の舞台装置(大日本帝国探偵社の建物)と月が、ファンタジックだったり、いくつも並ぶ電話ボックスとか、そこで行われることは怪しいのに、綺麗なんだよね。銀色のマントの人たちのダンスとかも。あー、歌(礼音さん)も、かなりたっぷり。

窪田くん、ついつい顔ちっちゃー、と思いつつ見てたわ。ま、六平さんとか風間さんとか、お顔の存在感がある方たちがたくさんいたしね。

|

« 歌舞伎座・夜の部、再見 | トップページ | 書道な一日 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま
「風の又三郎」 私は大阪公演までお預けで、
劇評や他の方のご感想など事前情報からは
極力遠ざかるようにしているのですが、
きびだんごさまのご感想は我慢できずに
読んじゃいました(^^ゞ

私も唐さん+蜷川さんという舞台をコクーンで
あれこれ観てどれも苦手感満載でしたので、
柚希さんと有起哉くんが出ていなければ
チケット取っていなかったと思います。
多分理解はできないので(←)世界観を
感じられたら幸せかな~(弱気)。

投稿: スキップ | 2019.03.03 10:49

スキップさま

柚希礼音さんといえばスキップさま ブログなどですっかり刷り込まれておりまして、今回やっと見ることができました。え?こういうのに出演されるの⁉︎と思ったのですが、礼音さんへの興味もあって最後まで面白く見られました、ありがとうございます。

私のは感想ともいえませんが、ま、楽しんだもん勝ち、と思いましょう。世界観はともかくシーンの一つ一つはとても素敵でしたよ。お歌たっぷり。衣装もドキドキ。

投稿: きびだんご | 2019.03.03 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌舞伎座・夜の部、再見 | トップページ | 書道な一日 »