« 国立演芸場でのどかに楽しむ | トップページ | 夏は怪談 »

2019.07.19

美術展にもチョコチョコ

7月19日(金)

「日本の素朴絵」展@三井記念美術館 →  「怪談牡丹燈籠」@三越劇場

 今日は大変効率的な動き。でも実は、三井記念美術館はふだん18時までやってると勘違いして(18時までは三菱一号館)、17日に国立演芸場からわざわざ日本橋に回ったのよね。着いたら閉館15分前。ガーン!    その時、金曜日は夜7時までですよ、と教えられ出直したというわけ。そんな騒ぎの後で、三越劇場に行くことを決めたから、これは一緒に行けということだわね、と。

 というのも、先月、目黒区美術館に行った時に、ついつい「ぐるっとパス」2200円也を買っちゃって、有効期間2ヶ月だから(そうなるだろうと思ってたけど)なかなか行けないもので……。しかも目黒や三井などはパスがそのまま入場券だけども、100円引きにしかならないとか(国立新美術館)、企画展の割引はナシ(国立西洋美術館)とか、うまくいかないのよねー。

 最近では、国立西洋美術館の「松方コレクション展」、国立新美術館「ウィーン・モダン  クリムト、シーレ   世紀末への道」展、目黒区美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」展あたりには行ったんだけど、感想どころか行ったというメモ程度も書けてません。

 で、「ぐるっとパス」期限切れまであと2週間ほど。ほんとは来週、パナソニック汐留美術館(マイセンの動物)に行く約束をしてたのに、仕事の都合でダメになっちゃった。仕切り直して横浜美術館(原三溪展)には行けると思うけど、こちらは割引だから、うまみナシ。最後は、地元の神代植物公園とかでお茶を濁すかも……。

 というわけで、怪談牡丹燈籠の感想は、また後日(ほんとか?)。

|

« 国立演芸場でのどかに楽しむ | トップページ | 夏は怪談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立演芸場でのどかに楽しむ | トップページ | 夏は怪談 »