« 痛恨のポカ、開演時間を間違えた | トップページ | 「新聞記者」を見る »

2019.07.04

指揮者の追っかけをしたくなったよー

7月2日(火)  「ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団」19:00〜   於・武蔵野市民文化会館  大ホール

(指揮/ミヒャエル・ザンデルリンク)

シューベルト:交響曲第7番ロ短調「未完成」、ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調「運命」ーー休憩ーードヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」(アンコール:ドヴォルザーク「スラヴ舞曲」第1集より第8番)

 

  久しぶりに武蔵野市民文化会館に行った。改装オープン後、初めてではないかなー。新しい椅子の匂いがしたもん。

定評のある武蔵野市のクラシック演奏会。一つには値段が安い。今回のドレスデン・フィルも、サントリーホール公演と比べたらちょうど半額くらいと思う。そして、今回はここに挙げたように、とてもポピュラーなラインナップ(あと、とてもユニークな言葉が並ぶチラシも一部では有名)。つまり敷居は低く、熱心なファンが多いのが特長かなー。ま、駅からちと遠いのが難点ではあるけど。

長身痩躯の指揮者ザンデルリンクがとても素敵で、後からちょっと調べちゃったりして(アハハ)。やはり一番馴染みがあるドヴォルザーク「新世界より」に特に引き込まれたかなぁ。音の美しさと、「余白」の意味を感じたりして。

 また機会があったら、武蔵野にも行こうっと。そして、ザンデルリンク!(父親も兄たちも指揮者なんだって)素敵なのよー。

|

« 痛恨のポカ、開演時間を間違えた | トップページ | 「新聞記者」を見る »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 痛恨のポカ、開演時間を間違えた | トップページ | 「新聞記者」を見る »