« 夏は怪談 | トップページ | 大阪一泊二日、1日め »

2019.07.21

今年も太宰の朗読

7月20日(土)  「第19回   太宰を聴く  〜太宰治朗読会」14:00〜     於・三鷹市芸術文化センター 星のホール(B列12番)

朗読/田中哲司

(第35回  太宰治賞受賞者  挨拶:阿佐元明「色彩」)

「恥」(昭和17年)ーー休憩ーー「グッド・バイ」(昭和23年)

 春ごろに来た三鷹の年間スケジュールに「太宰を聴く」がなくて、びっくりしたんだけど(そしていつもたいてい6月=桜桃忌の頃)、無事に開催されました。ま、6月に市長選があった、ということもあるのかも。そして、前市長時代にはあった市長挨拶もなくなって、太宰治賞受賞の阿佐さんインタビューのみでした。

  舞台の幕はしまったままで、インタビューはその幕の前で(今までと同様)。幕が開くと……おや。特に舞台装置めいたものはなくて、真ん中にパイプ椅子が一つ。そこに田中哲司さんが元気よく走って登場。白いシャツ、グレーのスーツに黒のネクタイをゆるく結んだスタイル。B4くらいの紙の束を手に、椅子に座って読み始める。

恥(バサッ……1枚目の紙を勢いよく床に落とす)

太宰治(バサッ……2枚目の髪を落とす)

その後3枚目からは本文なので、読み終わるたびに落としていく。立ち上がって、歩きながら、あるいは立ち止まって、読んでいく。舞台装置はないけど、効果音は時折入る。「恥」は和子という若い女が話している部分には雑踏の音、彼女が書いた手紙の部分は無音というように。いかにも、な若い女性の自意識が滑稽に受け止めらるけど、揶揄したりしてるわけじゃないんだよね。太宰は、などと思いつつ。

これが20分くらい。休憩の後の「グッド・バイ」が40分余だったのかな。休憩中にもあちこちに散らばっている原稿はそのまま片付けられなかった(ので、休憩中にみんな見に来てた)。そして次も同様のスタイルだから、どんどん増えていったわね。

このグッド・バイはKERA MAP で見てて面白かったものだから、ついついその時の仲村トオルや小池栄子を思い浮かべたりして。また、田中さんが、大食らいでカラス声(悪声)の美女キヌ子を読む時の声も面白かった。お芝居ではKERA さんが作って展開してたけど、原作は未完(女性の絵描きとその兄のあたりまで)。朗読を聴いてると、この作品の滑稽な部分が際立つのね。けっこう笑っちゃった。そして、あっ、もう手にしてる紙がないぞ、と思ったら「未完!」でオシマイ。

前半は気づかなかったけど、後半は左手の人差し指に黄緑の指サックが。

パンフのプロフィールに書いてあった映画やテレビはほぼ見てないんだけど(最近の「新聞記者」以外は)、舞台は全部見てたヨ!   また「浮標」みたいなのをやってほしいなぁ。

 

|

« 夏は怪談 | トップページ | 大阪一泊二日、1日め »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏は怪談 | トップページ | 大阪一泊二日、1日め »