« この夏はエリザベート見たねー | トップページ | 長い映画を見る »

2019.08.24

宝塚歌劇に行ってみた

8月12日(月・祝)「宝塚歌劇  雪組公演」15:30〜    於・東京宝塚劇場

「壬生義士伝」脚本・演出/石田昌也

「Music Revolution!」作・演出/中村一徳

514b03514f00419c822e9928a2ce5740

 たまたま某サイトで応募できたので「出来心」で申し込んだら当たった!  というわけで、ほぼ物見遊山の感覚で行ってきた。それにしてもこの夏は、帝劇、シアタークリエ 、東京宝塚劇場と、今まで縁がなかった場所に行ってるよ。神保町乗り換え都営三田線ルートにも慣れました。

 席は1階22列のセンターから少し右寄り。まずは「壬生義士伝」で、とにかく「時代もの」がイメージできなくて見る前からドキドキ。そしたら、幕が開いたら、いきなり舞踏会のドレス姿の方々が舞台に現れて……えっ、新選組の話ですよね、となった。でも、この導入部がよくできてるなー(主人公の娘や、斎藤一がここに出てくる)。

 お芝居は、時に笑いを取る部分もあったりも、ちょっと意外というか。でも、基本的に貧しいし……。近くから見たらまた違うかなー、とも思っちゃった。斎藤一を演じた方がカッコいいな、とは思いましたです。

休憩時間には、ショップなどを探検。ハンディファンを買いそうになって(3800円)、思いとどまったよ。

ショーはひたすら楽しかったし、ステージの機構にも目が釘付け。だって、なぜあんな風に階段が出現するの?などなど。あと、オーケストラボックスの前に「橋」(銀橋というのね)」があるのも知らなかったよ。という話を同じく宝塚無縁の友人にしたら、彼女がその直後に読んだ三浦しをんの新作エッセイにそのことが出てた!と写メが来た。

 宝塚初心者なので、詳しい人と一緒にか、あるいは知らない者同士でか、とにかく複数で見た方が盛り上がれた気がする。

 

|

« この夏はエリザベート見たねー | トップページ | 長い映画を見る »

演劇」カテゴリの記事

コメント

きびだんごさま
うふふ。ご感想お待ちしておりましたですよ。
最後の一文読んで、「一緒に観た~い!」と思いました。

きびだんごさまに限らず、宝塚ビギナーの方のご感想は
とても新鮮で、勉強にも刺激にもなります。
自分では結構普通と思って観ていることが多いのので。

>斎藤一を演じた方がカッコいい
朝美絢さんです。
先日、FNS歌謡祭に出演した時も「あの人カッコイイ」と
トップさんより注目集めて、twitterのトレンドにも入った
くらいです・・・と語り出したら際限なくなりますので、
またお目にかかる機会がありました時にでも。

ワタシ、舞台観てから浅田次郎さんの原作読んだのですが
斎藤一は元より、土方も沖田もすごくイメージに合ってたなぁと
思いました。
あと、佐助がね・・・あ、また語り始めた・・・以下自粛(^^ゞ

投稿: スキップ | 2019.08.25 22:30

👜スキップさま

全然、感想が書けないまま日が経って、いよいよ記憶の彼方になってしまいました……。
東京宝塚劇場って、入り口からして、??が飛んじゃって(ここでいいの?と)緊張しましたよ。そこからずっと「借りてきた猫」状態だったのが、たぶん盛り上がれなかった一因。
開演前(と休憩明け)のアナウンスに「きゃー、宝塚だ」だったんですが。

朝美絢さん! ありがとうございます。覚えておこうっと。
だれか一人に注目すると楽しいとか、そもそも主役を盛り上げるシステム、などという点で、歌舞伎との共通点を感じたりもしました。
それにしても、バックステージツアーをやってほしいと思うほどに、ショーの舞台に釘付けだったのでした。本家、宝塚大劇場にも興味津々!

投稿: きびだんご | 2019.08.26 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この夏はエリザベート見たねー | トップページ | 長い映画を見る »