« 8月最後の日に、ミニ旅行 | トップページ | 写真展その後 »

2019.09.02

華やかな花街の踊り

9月1日(日)  「大江戸寄席と花街のおどりーその九ー」15:00〜     於・国立劇場 大劇場

第一部・大江戸寄席    講談(石川一夢)一龍斎貞寿、曲独楽・三増紋之助、落語(井戸の茶碗)柳家喬太郎

第二部・花街のおどり   序幕/長唄「七福神」   花柳界鳴物競演/赤坂「咸臨太鼓、新橋・素囃子「出端・早笛」、浅草「浅草太鼓」   江戸六景廻燈籠ー小唄十二ヶ月ー    幇間芸「深川」   お座敷遊び「とらとら」   フィナーレ/六花街「木遣りくずし」

案内役/葛西聖司

この催しは今年で9回目……ということを全く知らず、喬太郎さん出演ということでイープラスかどこかから案内メールが来た。お値段も手頃だし、楽しそう、ということで、友人たちとの「例会」に採用!  S席じゃなくていいか、とA席にしたら、いわゆるドブだったけど、まあどこでもOK。

第一部の大江戸寄席は、ふだんあまり馴染みのない人にも親しみやすく、というとことかな。みなさん、オーソドックスに。喬太郎さんもあまりマクラで遊ばず、毒も吐かず(笑)。隠しきれない狂気の片鱗はあった……かも、だけれど。という感じでむしろ新鮮に感じるという、ヒネたファンなのですわ。

それにしても第二部が楽しかった。六花街、赤坂、新橋、浅草、向島、芳町、神楽坂の芸者さんたちの、踊りのみならず、鳴物や三味線、唄までも。それぞれの演目の前には、案内役の葛西さんの解説や、インタビューがあったりして、とてもわかりやすい。

 お座敷遊び「とらとら」は、和藤内、虎、和藤内の母の「三すくみ」の勝負(屏風の陰から)を歌に合わせて。歌の練習もしたわよ。そして海外からの留学生(高校生)が3人、その勝負に参加。けっこう楽しかったよ。さすが、主催者が「公益財団法人東京都歴史文化財団  アーツカウンシル東京」だなー、などと。

最後は芸者さんたち総出演の「木遣りくずし」。舞台上にも花道にもずらり。圧巻でした。

見る前は3時開演だから、5時ごろまでかなー、と思ってたら、タイムテーブルに6時05分終演予定となってた。それが実際には6時半近くになってたけど、満足!な3時間でした。来年も見たいぞ、と思っちゃった。

|

« 8月最後の日に、ミニ旅行 | トップページ | 写真展その後 »

演芸いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月最後の日に、ミニ旅行 | トップページ | 写真展その後 »