« ジブリ美術館に行った | トップページ | 書道の秋である »

2019.10.13

ふたたび「治天ノ君」を見る

10月11日(金)  「治天ノ君」19:00〜   於・東京芸術劇場シアターイースト

(劇団チョコレートケーキ 第31回公演)(C列12番)

脚本/古川健  演出/日澤雄介   出演/西尾友樹(大正天皇嘉仁)、松本紀保(貞明皇后節子)、谷中憲輔(明治天皇睦仁)、浅井伸治(昭和天皇裕仁)、菊池豪(有栖川宮威仁)、青木柳葉魚(原敬)、吉田テツタ(牧野伸顕)、佐瀬弘幸(大隈重信)、岡本篤(四竃孝輔)

*アフターアクト(西尾友樹)

前回、2016年10月にシアタートラムで見た。今、この日記を見てみたら、その時とキャストは全く同じだった。で、それが私の劇団チョコレートケーキ初観劇で、それ以来見るようになった。*劇場でもらう配役等が書かれたリーフ類は結局捨てちゃうから、ここに記録しておくことは大事。……と思いつつ、なかなかそれができない……。

C8453fd8fa674439b72affa0fe49e050

刊行されたばかりのハヤカワ演劇文庫を売っていて、古川氏のサインを頂きました(今週はサインをもらってばかりだなぁ)。解説は渡辺保氏。初演の下北沢・駅前劇場でご覧になったとのこと。

劇団に直接予約していた席は最前列。先行案内が来てたのに忘れてしまい、一般発売の初日に申し込んだ。で、当日精算でチケットを受け取って初めて席を知った。あらあら。舞台の作りが、下手の「玉座」に向かって、上手側客席から、ながーく赤い絨毯の花道が作ってあるので、その出の辺りは全然見えない。その代わりに、役者さんはガン見できるのだけれども。

やはり劇チョコの3人の役者の存在が素晴らしい……大正天皇、昭和天皇、四竃。そしてもちろん貞明皇后役の松本紀保さん!   彼女の存在なくしては、と思わせられる。高貴さと慈愛の表現が、ね。

原武史著「大正天皇」を読まないままで3年すぎてしまって、やはりちょっと反省してる。

ここに現れるのは代替わり期の若き昭和天皇だけれど、それから平成を経て(2013、16に上演)、令和元年に3度目の上演。「帝国」から民主主義へ、そして新たな皇室像が……?   でも世の中、おそろしい勢いで逆流してませんか、とかあれこれ思っちゃう。劇中、悪役である牧野伸顕って、アソウタロウの曾祖父さんだっけ。などなど、巨大台風の不安を抱えつつ見ておりました。

|

« ジブリ美術館に行った | トップページ | 書道の秋である »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジブリ美術館に行った | トップページ | 書道の秋である »