« 落語de忘年会 | トップページ | あけましておめでとう »

2019.12.30

サントリーホールで第九を

12月29日(日)  東京交響楽団「第九  2019」14:00〜    於・サントリーホール

ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調  作品125 「合唱付」

指揮/ジョナサン・ノット、ソプラノ/ルイーズ・オルダー、メゾソプラノ/ステファニー・イラーニ、テノール/サイモン・オニール、バスバリトン/シェンヤン、合唱/東響コーラス

 ここ何年か、年末が近づくと家で「第九聞きにいこうか」なんて話になってた。でも、もうチケットが完売だったりして実現しなかったのよね。「どうせならサントリーホールで聞きたい」というリクエストにしばられて。初台なら家から便利だし、池袋もわりと行きやすい。サントリーホールは面倒なんだよ。だけれども……。だから、オケで選ぶとか、指揮者で選ぶとかじゃないの。

 というわけで、今年はやっと、何年越しかでサントリーホールに行けました!   チケットは発売開始日に買ったわけでもないので、1階20列のセンター左寄り。でも、なかなかいい感じで聞ける席でした。

ジョナサン・ノットの名前だけは聞き覚えがあったけど(音楽監督なんだね)、東響も初めて。演奏は軽やかな感じで心地よく進んでいくので、ちょっと不思議。こんなだっけ、と思いつつ、心地よく身を委ねる、と言えばいいかな。ノット氏の指揮姿も、見てて飽きないし。きゃー素敵!と思っちゃいましたです。こんな調子で、独唱も合唱も、ワクワクしつつ聞いてたら、あっという間に終わっちゃったのでした。

アンコールの何度目かで、コーラスの人たちが客席の方に降りてきて、通路にずらっと並び(ステージ上にもいる)、「蛍の光」が始まった。そういえば、開演前に隣の人たちがそんな話をしてたっけな。サイリウムも使うのねー。

オケの方々も退場して、はぁぁ、終わった、と(通路に出にくい場所だし)ゆっくり仕度してたら、なんと、指揮者とソリストが登場。ステージ上で拍手したり手を振ったり、最後まで盛り上がってました。

んでもって、オマケ。そんな調子でゆっくりホールを出て、チェックしてた「ドイツビール」のお店に行ったら、そこに今までステージにいたソリストや指揮者が三々五々入ってくるじゃないの。居合わせた人もみなコンサート帰りだから、それぞれ拍手でお迎えしましたよ。やっぱりノット氏、とてもフレンドリー。

やっぱり毎年、第九に行きたくなるよね。ま、今回の演奏は私向きだったようではあるけれど。

|

« 落語de忘年会 | トップページ | あけましておめでとう »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ジョナサン・ノット、とても気に入りました。
サントリーホールは雨が降ると車で行っても傘がいるかも?なんて思うくらいで、アクセスも音響もあんまり好きではないんですが、こと年末の第九となると気分的な盛り上がりはダントツですよね。オペラシティは寂しすぎ、上野や池袋や渋谷も試しましたが、祝祭気分になるのはココだなあと思います。
そのせいか、いろんなオケが連日第九公演してるみたいですね。

投稿: 猫並 | 2019.12.31 22:42

猫並さま

今年もいっぱい楽しみましょうね! どうぞよろしくお願いします。

大晦日、N響の第九も見てましたよ(私は台所のカウンター越しなので、ほぼ映像のみ)。マロ様のアップが何度も。そういえばNHKホールが一番苦手なのでした。
ジョナサン・ノット、いいですねぇ。演劇クラスタ(と言っていいのかな)好みなのかしら。その点で、あんまり夫とは気が合わないです(爆)。

投稿: きびだんご | 2020.01.01 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落語de忘年会 | トップページ | あけましておめでとう »