« 銀座通りから演舞場へ | トップページ | 新国立劇場・演劇ラインナップ »

2020.01.08

ワンチーム歌舞伎

1月8日(水) 「令和2年初春歌舞伎公演」12:00〜  於・国立劇場 大劇場

「通し狂言 菊一座令和仇討」(3階8列31番)

鶴屋南北「御国入曽我中村」をアレンジした作品とのことだけど、かなりのアレンジみたいね。幡随院長兵衛(菊五郎)には白井権八(菊之助)と、あら笹野権三(松緑)。序幕・鎌倉金沢瀬戸明神の場」と大詰には、源頼家(左近。大きくなったわねー、でも顔ちっちゃい)がいるし。そもそも大江広元がらみだし。ないまぜ、の数々。

帰宅後、次の次の大河ドラマが三谷幸喜・作「鎌倉殿の13人」と発表されたことを知った。あらま、その時代って、大詰の勢揃い、頼家とか北条政子(時蔵さん)、和田義盛エトセトラじゃないの。北条義時はいなかったよね。

 さらにさらに、右近くんが帝劇「ジャージー・ボーイズ」に出演するニュースも‼︎  松也くんに続いて、ミュージカルですか。

ストーリーは、ないまぜのわりには場面場面がハッキリしていて、わかりやすかった気がする。時代!な部分と、世話!な部分と。2幕の「福寿湯」の場はコミカルなんだけど、湯野番で橘太郎さんが座っているだけでもっと楽しくなっちゃう。得難い存在だわね。

 そんなこんなで、ゆったりのんびり楽しんだのでした。タイトルのワンチームは、もちろん去年の流行語だけど、「菊一座」=ワンチームだそうで(まさか実際にそれを舞台で聞くとはw)。

 

 

 

|

« 銀座通りから演舞場へ | トップページ | 新国立劇場・演劇ラインナップ »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

友人に、右近くんって歌えるの?と聞かれたんですが、清元の太夫ですからプロの歌手と言っていいのでは?と思ってしまった次第です。
これ、誰が誰の仇討ちするのか、実はピンと来ませんでした。今でも確信が持てません。次に見る時にわかるかしらん

投稿: 猫並 | 2020.01.10 08:53

猫並さま

私も昨日、全く同じことを友人に聞かれましたよ。で、清元だから、と答えたのでした。そうそう、その話は週刊文春の最新号、カラーグラビアに右近くんがたっぷり載ってたところから始まったのでした。

仇討、終盤にぼーっと、そういえばタイトル仇討ですけど、と思った記憶が。権三・権八がそもそもどういう生まれか、すっかり忘れてるし(そして筋書きも買ってない)。

投稿: きびだんご | 2020.01.10 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀座通りから演舞場へ | トップページ | 新国立劇場・演劇ラインナップ »