« 今年こそちゃんとする、いろいろと^ ^ | トップページ | 上野で美術館のハシゴ »

2020.01.03

「キレイー神様と待ち合わせした女ー」舞台&DVD

12月10日(火) 「キレイー神様と待ち合わせした女」18:30〜  於・シアターコクーン(2階E列17番)

(Bunkamura 30周年記念/シアターコクーン・オンレパートリー2019+大人計画

作・演出/松尾スズキ  音楽/伊藤ヨタロウ  出演/生田絵梨花、神木隆之介、小池徹平、鈴木杏、岩井秀人、橋本じゅん、阿部サダヲ、麻生久美子ほか

 文化村の先行抽選で取ったチケット、いつものようにコクーンシートと思ってたら、A席だったんだ。申し込んだのはもうずいぶん前のことだし、ギリギリまで発券しないから失念してた。2階の最後列だけど、ほぼ中央だし、気楽に見てました。

 2000年、2005年、2014年に上演されて、今回が4回目。私は2005年のから見ている。といっても、けっこう忘れてるのよね。ただ、オツムの弱い時代の少年ハリコナは、阿部サダヲ→小池徹平→神木隆之介と受け継がれてて、小池徹平の存在感が私の中では薄かった。その徹平くんが今回、いきなりIQ 160になった青年ハリコナで、これがよかったんだなー。たぶん、あのキャストの中でミュージカルだったから? 神木くんは初舞台とのことだけれど、うまいわねー。

 そして、阿部サダヲが、マジシャン役とは。彼ならでは、だったわねぇ。……などなど言い出すとキリがない。冒頭の「ケガレのテーマ」ほか、歌はやたら耳に残ってリフレインするし、20年経っても古びない、むしろ近寄ってきてるような作品そのものにも驚く。

 というわけで、長らく眠っていた初演時のDVDを引っ張り出した。これは2005年に初めて見た後に購入していたもの。今回のキャストと対照すると、奥菜恵→生田、南果歩→麻生、古田新太→橋本じゅん、片桐はいり→皆川猿時、秋山菜津子→鈴木杏、阿部サダヲ→神木、宮藤官九郎→岩井、篠井英介→小池、などなど。

 なにぶん20年も前のなので、皆さんが若いー、細いー、という感じで見ちゃったかな。

 年末大掃除で片付け物をしていたら、存在すら忘れてた2005年の録画DVDも出てきた。これはWOWOWで放送されたのを友人に頼んで録画してもらったもの。この時まで2回、金子のおっかさんは片桐はいりだったけど、次からは皆川猿時になったのよね。奥菜恵→鈴木蘭々(→2014年は多部未華子)、南果歩→高岡早紀(→松雪泰子)、篠井英介→岡本健一(→尾美としのり)、秋山菜津子→秋山(→田畑智子)といったいったところ。

 

 今回の公演も3時間40分だったけど、立ち見もいっぱい。やはり生田絵梨花ファンが多いのかしら。歌はうまいみたいね、くらいしか印象がなくてごめんなさい。

|

« 今年こそちゃんとする、いろいろと^ ^ | トップページ | 上野で美術館のハシゴ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年こそちゃんとする、いろいろと^ ^ | トップページ | 上野で美術館のハシゴ »