« 中村歌右衛門! | トップページ | 出雲・大和→ロシア »

2020.02.02

浪曲と落語

1月31日(金) 「玉川奈々福  喬太郎アニさんをうならせたい・5」19:00〜   於・紀尾井小ホール

6ec02202df0144819f827aaac6dcc5ae

奈々福・噂話屋婆のはなし、喬太郎・稲葉さんの大冒険ーー仲入りーー奈々福・慶安太平記  善達三島宿(曲師・豊子)*共通テーマは「善」

このシリーズは全7回の予定らしい。で、喬太郎さんが「うなった」点数を貯めていくんだけど、4回までで「4.5うな」だって。

奈々福さんの一席目は、新作。いつも、新作と古典(共通テーマのもの)が一つずつなんだよね。江戸時代の町のいろんな噂話などをひたすら書き綴った「藤岡屋日記」から。これはすごく大部なものだけれど、一部が刊本で読めるらしい。で、「これ作ってると、赤穂義士伝になっちゃう」とのことで。喬太郎さんに敬意を表して(笑)、吉良と浅野内匠頭がアヤシイ関係説もあったりして(←カマ手本忠臣蔵by喬太郎)。

喬太郎さんの「稲葉さんの大冒険」は、タイトルだけは知ってたけど、初めて聞いた。三遊亭円丈作。判で押したような生活のサラリーマン稲葉さんが、帰宅の駅で配ってたキャバクラのティッシュをもらっちゃったことから、それを捨てるために四苦八苦。余計なお世話おじさんも登場して、大爆笑。よくこんな噺つくれるよね。最後、高座から降りてそでに引っ込む時(途中で緞帳が下がって見えなくなるまで)、稲葉さんが松の木を背負ってるポーズで歩いていく、という大サービス。

いつもながら、奈々福さんの力強く気持ちいい声に惚れ惚れ。そして一席目が終わってから、落語のために高座を作り変える間、奈々福&三味線の豊子師匠のお喋りがまた楽しい。心が洗われますわ。

本日の「うなポイント」は「1うな」。さて、次はどうなりますか。9月の予定とのこと。また行かなくちゃ。

今回は、市楽くんの会などでご一緒した方々と4人で見に行った。会場で、古くからの落語友に会ったり、同行者の同僚(編集者)に会ったり、妙に知人率が高かったなー。

 

|

« 中村歌右衛門! | トップページ | 出雲・大和→ロシア »

落語」カテゴリの記事

講談、浪曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中村歌右衛門! | トップページ | 出雲・大和→ロシア »