« 1月中にお能を見る | トップページ | 浪曲と落語 »

2020.02.01

中村歌右衛門!

1月31日(金) 「六世 中村歌右衛門展」 於・世田谷文学館(4月5日まで)

45305f24e5204d5d82ab1408cde396e8

夜は紀尾井ホールに行く予定で、その前に最初は東京都現代美術館・つくる、に行こうと思ってたんだけど、東京西部の我が家からはちょっと行きづらいルートになっちゃう。どうしようかな、と思ってる時に、こちらを見つけて、いそいそ。なんたって地元駅から、文学館のある芦花公園駅までは10分少々ですもん。ま、駅から少し歩くけれども。

9cb46b76175e4336b841ef43162dc4da

平日の夕方。でも、ふだん18時まで開館、というのは嬉しいよ。そして、ゆったりのんびり、見応えのある展示を見ることがでみてよかった。

たくさんの写真資料や、衣裳(八ツ橋や揚巻の)、楽器(阿古屋の!)、公演パンフレット、台本書抜、ご本人の手になる絵画、三島はじめ文学者(文豪と呼ぶにふさわしい方々)の原稿、楽屋再現、などなど、いやー、すごかった。

そもそも私は最晩年の歌右衛門しか知らないので、若い頃の美しさにもほーっ。言っちゃなんだけど、私の中では平家蟹とか良弁杉とかの記憶しかないの、これだってテレビからかなぁ。

たっぷり見たんだけど、つい図録も買っちゃって、家でそれを見てるとまた実物を見たくなるという……。地の利があるから、ほんとに行くかもね。

 

 

|

« 1月中にお能を見る | トップページ | 浪曲と落語 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月中にお能を見る | トップページ | 浪曲と落語 »