« 出雲・大和→ロシア | トップページ | 文七元結に尽きる! »

2020.02.03

年に一度のお楽しみ:落語と狂言

2月2日(日)  「お米とお豆腐  20回記念公演」14:00〜  於・セルリアンタワー能楽堂

口上トーク(茂山七五三、茂山あきら、桂文之助、小佐田定雄)、落語「百年目」(文之助)、狂言「呂蓮」七五三(僧)、あきら(男)、千之丞(女房)……休憩……落言「神棚」七五三(神様)、あきら(女房)、丸石やすし(姑)、文之助(落語←提灯屋)

3c7f08eac2f643e09fdf2cf081284ab4

今年も行ってきました、お米とお豆腐!  目まぐるしく変わる渋谷の定点観測?って感じ。今年は、東急プラザが完成してました。が、歩道橋のあたりはまだまだ工事中で、ワケわからん感は相変わらず。(井の頭線から銀座線への乗り換えが不便になったらしいので、ますます渋谷は使わなくなる気がする)

でも、お米とお豆腐は、ずっとセルリアンタワーでやってほしいな。

いつもながら楽しい口上トーク。七五三さんが、この20年の落言で人間をやることの方が少ない、ということで、ゴキちゃんの扮装グッズ持参。今日は関係ないのにわざわざお持ちになったのねぇ。

えーっと、私は演目が進むにつれてシャッキリしたのだけれど、「百年目」は、なんだか心地よくzzzとなってしまって申し訳なし。油断したのか?  狂言「呂蓮」は、初めてじゃない、とは思ってて、でもどなたで見たのか、記憶がなかった……(万作さんでした)。設定は突飛みたいだけど、ノリで出家志願しちゃうとか、今でもありそう?

「神棚」では、飲んじゃ寝てしまう提灯屋の代わりに、提灯張りをする神様の様子が楽しい。ペタ、ペタペタペタ。人が良すぎる(あっ、人じゃないか)神様であるぞ。確かに、この20年の歴史の中で、何度か演じられてるのがわかる面白さ。のどかな空気が溢れる、もう春のような午後でした。

終演後は、久しぶりに観劇ばなしなども楽しくて、時間が経つのを忘れました。

そういえば、次は今年9月に、とおっしゃってましたっけ。ウフフ。

 

|

« 出雲・大和→ロシア | トップページ | 文七元結に尽きる! »

能・狂言」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出雲・大和→ロシア | トップページ | 文七元結に尽きる! »