« 浪曲と落語 | トップページ | 年に一度のお楽しみ:落語と狂言 »

2020.02.03

出雲・大和→ロシア

2月1日(土) 「特別展  出雲と大和」於・東京国立博物館 平成館(3月8日まで)

971e42d09841434fa8796b430dda21d2

 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」。

これは少し地味だからか、それほど混んではいないらしかったけど、でもゆっくり見たいしと、夜間開館の土曜に出かけた。日本書紀(神代巻/鎌倉時代/天理図書館蔵)はコンセプトからも、外せないでしょう。

 個人的には目玉は……出雲大社の心御柱、宇豆柱とか、巨大さがよくわかるものや、教科書でおなじみ七支刀とか、かしらね。以前、出雲大社と、すぐそばの古代出雲歴史博物館に行った時にも見た、銅鐸や銅剣もドドーンと来てました。いま出品目録を見ると、荒神谷遺跡出土の銅剣168本、同じく銅鐸5個エトセトラ(ほかの遺跡から出土したも銅鐸などもたくさんある)。まあ、並べ方はこれでいいのか、という所もあったけど。

 大和では、久しぶりに藤ノ木古墳関係の物を見たなぁ、というところ。

こういう展覧会は、絵画展よりもうんと時間がかかっちゃって、足が痛くなったよ。

7時ごろに上野を出て、新宿へ。ロシア料理の「スンガリー」をチェックしてはいたけど、予約せずに行ったから(新宿三丁目店)、少し待たされちゃった。でも、あらかじめ時間を決めると、展覧会を見るのが駆け足になったり、というのもイヤだしね。

ペリメニ、ピロシキがもうなくなってて……ボルシチ、ビーフストロガノフなどと、ビール&ジョージアワインを。日本人向きにアレンジしてあるのかも、だけど、美味しかった。

 

|

« 浪曲と落語 | トップページ | 年に一度のお楽しみ:落語と狂言 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

今年の箱根駅伝で、実況が「出雲を制した国学院」というのに深いなあとウケてました。出雲駅伝で国学院が勝ったってだけなんですけど、国学院と青学と駒沢と創価大が争ってるってだけでおもしろくて。

投稿: 猫並 | 2020.02.03 19:18

猫並さま

おお、出雲を制した国学院ねー^ ^ 会社に国学院出身の人がいて、巫女さんのバイトをしたことがあると言ってたような。
言われてみると駅伝って、すんごい「宗論」の世界⁉︎?

投稿: きびだんご | 2020.02.03 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浪曲と落語 | トップページ | 年に一度のお楽しみ:落語と狂言 »