« 進むも退くも苦難の道 | トップページ | ご近所さんぽ »

2020.03.12

ジャーナリストが撮った映画

3月11日(水) 「わたしは分断を許さない」12:30〜  於・ポレポレ東中野

監督・撮影・編集・ナレーション/堀潤  (2020/日本/105分)

40a111b7bfcf4a0ca0665c33b5bd07f9 65b34a22617640ba93a4c378a030fa73

 かつてNHKのアナウンサーだった堀潤氏(初任地は岡山!)、今はジャーナリストとして飛び回り発信している。そんな彼が「分断」の最前線を取材してまとめた映画。

 冒頭に登場するのは香港のデモ隊と警察の衝突。中国に対する抗議といっても、実際に対峙しているのは香港の警官。激しい衝突が起こった日のフィルムには、発砲を受けて倒れる青年2人。そしてデモ隊が道路を封鎖したことを怒っていたタクシー運転手が、拍手する姿が捉えられている。

 香港のほかにも、そんな分断の現場として、ガザ、シリア、福島、沖縄、北朝鮮に取材している。ちょうど3月11日、福島の分断は、「生業訴訟」の原告の姿を通して伝えられる。

 場所があちこちしたり、こちらに知識がなかったりで、ついていくのが大変な部分も。テレビのドキュメンタリーほどゆっくり見てられない、みたいな。という意味では、もっと焦点を絞った方が……とも思うけど、そこがジャーナリスト、なんでしょうか。

このポレポレ東中野からスタートして、順次全国公開。私が見た回も終わってから堀氏の舞台挨拶というか、トークがあった。終了後にはパンフ&著書へのサイン会も行われてたけど、そちらは遠慮。ちょうど2時半過ぎに終わったから、映画館でグズグズして46分に黙祷。9年たった、そして10年目の始まりの日はこんな風だったのでした。

|

« 進むも退くも苦難の道 | トップページ | ご近所さんぽ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 進むも退くも苦難の道 | トップページ | ご近所さんぽ »