« 払い戻し その2 | トップページ | マスク、マスク、マスク »

2020.04.17

真打・傷心・疲労

4月17日(金)

B9f2510424e2474d83c402fc20b5c798

3月21日と24日に、鈴本演芸場での真打昇進披露興行に行った。特にこれから50日間の披露目のスタートとなる「大初日」の感慨はひとしおだった。でも、この時点でもすでに外出自粛、ではあったんだよね。本来ならお客さんいっぱいのはずが……。

 で、その週の土日28、29日は休演。その後、新宿末廣亭に場所を変えての4月上席は3日まではできたのだっけ。それでおしまい。中席・浅草、下席・池袋、5月の中席・国立演芸場まで、全てナシになっちゃいました。本来なら今日も浅草演芸ホールの昼席で賑々しく行われてたはず。タイトルにした「真打傷心疲労」はその中の一人柳勢さんの言葉。

行ってないけど、末廣亭の番組表をもらったので、載せておきます。

282d9dd00e2948bc9c12df8ee5d02f8d

真打昇進に際して、幟や後ろ幕を誂え、ほんとにいろいろ準備してきて、この仕打ち。気の毒としか言いようがないけれど、でも何があってもそれをネタに笑いに変えるのが噺家だと思うし。元気でさえいれば、なんとでもなるわよね。

寄席で売っていた真打5人の名前が入った「口上書、扇子、手拭い」の3点セットを、ツイッター上で「売ります!」と告知したところ、素早く売り切れたそうで、よかった。

↓ これは個人のだけれど、真打昇進に際しては必ず、のものらしい。

 

A332d1680dbc4886833c777763c33e8d

弟子入りした時から知っている柳勢師匠に心ばかりのお祝いをした。その時ほど「自分の身の丈に合った」お祝い、ということを思ったことはなかった。「身の丈に合う」は、決して他人から言われるようなことじゃない!と実感。

 

オマケ。末廣亭にて撤収作業の傷心・新真打の皆さん(お一人いませんが)。ツイッターより。

7001b65920514f9eb3c04931893cbc51

|

« 払い戻し その2 | トップページ | マスク、マスク、マスク »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 払い戻し その2 | トップページ | マスク、マスク、マスク »