« 有料配信を見る | トップページ | 見る・台湾 »

2020.05.24

読む/聞く、ドイツ

5月24日(日)

 今年はベートーヴェン 生誕250年、ということはそれを理由にボンに行くよね、みたいに思ってたのは遠い遠い昔……。東京から外へ出ることもままならない日が来ようとは。

そんななかで、偶然、ラジオドラマとコミックスで同時にドイツに接することとなった。

【聞く】NHKのラジオドラマ「青春アドベンチャー」で、先週から「ベルリンは晴れているか」(深緑野分・原作)が始まった。全10回だから、今週は後半の5回分が放送される。といっても毎日一日遅れの聴き逃しでちびちび聴いているのだけれど。これは1945年7月のドイツが舞台。つまり、戦争に負けて、米軍がやってきてソ連の姿も、という混乱の中。当のドイツの国民がそもそも分断のの中にいる。

なかなか謎めいた展開でもあり、放送されるのは原作の一部分では、と思うと、やはり原作を読まねば、でしょうねぇ。

 

F180802cbdb04c779c718c8ff2539608

【読む】いっぽうコミックスの方は、というと、「東独にいた」(宮下暁・作)の第2巻。こちらは1985年の東ドイツが舞台。国家によって超人的なまでに鍛えられた軍人の女性が主人公で、彼女が恋心を抱く青年が実は反体制組織のリーダー(小さな書店を営む日系人)。絵はわりと綺麗だけど、ハードボイルド系なんだわね……。

紀行番組もあるし、しばらくはこうして頭になかで旅行(時間も場所も)するしかないか。

|

« 有料配信を見る | トップページ | 見る・台湾 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有料配信を見る | トップページ | 見る・台湾 »