« 演劇界 | トップページ | 有料配信、2回めは? »

2020.06.04

懐かしのテレビドラマ

6月4日(木)

日曜日(5月31日)の午後、散歩から帰ってついテレビをつけたら、映ったのが「愛していると言ってくれ」の第2話の途中。特に見るつもりもなかったのに、なんだかやめられなくなって、そのまま最後(第3話)まで。25年前のドラマだという。いや、当時も後半は見ていたはずで、未だに覚えているシーンもあるんだけど、始めの方は見てなかったのよね。その後、Tverで見てなかった部分も遡って見たのでした。便利な世の中。

リアルタイムで見てた当時、特に豊川悦司!だったわけでは全くないんだけど、今見ると、やーカッコイイですっ、となってしまう。あの目がね……。それでいけば、常盤貴子はあまりイメージが変わらずに来てるんだろうか。(今回の再放送にあたり、主演の二人がリモートで対談してる場面がくっついてた。)

井の頭公園や、公園駅がしばしば出てくるのも、ポイントの一つかな。駅の広告看板に「明星学園」があったりして、おやおや。毎週日曜日の午後に、3話ずつ放映されるようなので、これからも楽しみ!

もう一つ、こちらは毎週火曜日の夜にやってる「逃げるは恥だが役に立つ」の時別編。これも放映時に最初の方は見てなかったのよね。テレビでは見ないけど、空いてる時間にTverで見てる。脚本が女性問題とかLGBTに目配りきいてて、今のドラマだな、と思う。

そういえば、この2本はどちらも女性脚本家の作品で、(当時)日の出の勢いというか、人気を不動のものにした、というのか。

 

ふと気がつけば、いま実際にテレビでドラマを見ることが少ないんだな。いや、家族に付き合って警察ドラマを見ることはよくあるんだけど、毎回、人が殺されるようなのばっかりだもんね(じゃないと事件になりません!)。

|

« 演劇界 | トップページ | 有料配信、2回めは? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 演劇界 | トップページ | 有料配信、2回めは? »