« ファンタジーを楽しむ | トップページ | まだマスクの話 »

2020.07.18

韓国映画を見る

7月13日(月) 「マルモイ ことばあつめ」12:10〜の回 於・シネマート新宿

監督・脚本/オム・ユナ 出演/ユ・ヘジン(パンス)、ユン・ゲサン(ジョンファン)ほか 2019年/韓国/135分

0f9674a1b7a64e31813059b6d3ed2856

これ、銀座で予告編を見て知ったのだけど、その予告編以上の情報は持たずに見に行った。中央に写っているユ・ヘジンは光州事件を描いた「タクシー運転手」で記憶に残っていた(ただし、機内で見たのみ)。とても存在感があった。平凡なおっちゃんだけど心が熱い信念の人、という役どころで。今回も、貧しくて字も読めない男の役。シングルファーザーで、京城中学に通うよくできる息子と、就学前の娘を育てている。

時代は日本に併合された後、太平洋戦争が近づきつつあるころで、場所は今のソウル。このユ・ヘジン演じるパンスが、朝鮮語の辞書づくりに執念を燃やす朝鮮語学会のジョンファン(写真右端)の大事なカバンを置き引きしたことから話が始まる。

表向き書店で、内部では朝鮮語学会の事務局(地下室もある)で雑用係として勤めることになるパンスと、彼はとても信用できないとことごとく対立するジョンファンだけれど……。

軍国教育や日本名を強要される中学生、朝鮮語の辞書なんてとんでもないと圧力をかける総督府……学会のメンバーやその家族が刑務所にいたりもする。そんな中で、各地の方言を集めて辞書の原稿を作り、命にかえてそれを守ったパンス。大怪我をしたジョンファン。独立後、5年ほどしてその辞書は完成した。

やっぱり、ユ・ヘジンがいい! 無学だけれど誇り高い人物。そして、読み書きを教わっていく過程で、街なかの看板を次々に読んでいくシーンも心に残る。

正直、日本人の役者が出演していたら、と思ってしまう。弾圧の指揮を取る軍人など、日本語で喋るけど、いくら上手くてもやっぱり発音に違和感はあるから。

ところで私も大学後半に少し朝鮮語をやってみたことがあって、その頃に学んだことは未だに覚えてるんだな、とつくづく思う(すっかり消え去ったチェコ語との違い!)。上の写真、後ろに写ってる看板は「朝鮮語学会」と書いてあるよ。文字が合理的に作ってあるから、一度覚えるとなかなか忘れないのかもしれない。

|

« ファンタジーを楽しむ | トップページ | まだマスクの話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ああ、これ、見たいと思ってました。もうやってるんですね。ウチの近くはどこかなあ…数年前の日本の辞書の映画にはまったく興味がなかったのですが、自粛期間中に見た劇チョコの追憶のアリランのこともあって、この映画の紹介を雑誌で見た時にすごく見たいと思ったのでした…探してみます!できれば新宿以外がいいなあ…

投稿: 猫並 | 2020.07.19 10:19

猫並さま

新宿といっても、新宿三丁目駅のほど近くですから、まだマシじゃないでしょうか。絶対、下高井戸に来る、とも思いましたが、結局見られませんでした、ということになりそうだったので。
パラサイトは見る勇気が出ませんでした……。

投稿: きびだんご | 2020.07.19 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファンタジーを楽しむ | トップページ | まだマスクの話 »