« 7月の予定 | トップページ | 四万六千日 »

2020.07.06

緊急事態軽演劇八夜 その1

7月6日(月)

緊急事態軽演劇八夜

D4a3fc270ae64b11832ab07ee881a38a

第一夜:盤嶽の一生(山中貞雄の無声映画)*潤色長塚圭史*75分、第二夜:ワーニャ伯父さん*潤色福田転球*120分、第三夜:新作・おもてなし*作福田転球*75分、第四夜:怒涛*作森本薫*130分、第五夜:都会の風(吉本新喜劇)*潤色山内圭哉*70分、第六夜:夏の夜の夢*潤色大堀こういち*85分、第七夜:純情一座*原作サトウハチロウ、脚色菊田一夫*90分

出演/福田転球、大堀こういち、長塚圭史、山内圭哉   演出/長塚圭史   音楽/山内圭哉  於・ザ・スズナリ(上演時間は予定として記載のもの)

・・・・・・・・・・・・・

1週間延長された配信期間も、明日の23時59分をもって終了。なんとか2回ずつは見られたたかな、と思う。「宴会」で締めよう(ながらでok)。こんな風にアーカイブが長いし、それぞれに興味深い演目なので、読み語りの一回分(プラス宴会)1000円、七回分(プラス宴会)で6000円はかなりおトクだったのでは、と思う。少なくとも私は大いに楽しんだ。

それにしても、読み語りとはいえ、毎日日替わりの演目!   たった4人でよくやるわよね。本来なら、6月にスズナリで、森本薫「富島松五郎伝ー無法松の一生」と、岸田國士「麺麭屋文六の思案」「遂に『知らん』の文六」を上演するはずだった。その代わりに、やむにやまれぬ気持ちから、この配信が実現した。そして直前になって、客席に少し観客を入れることもできた(キャパの1/4、コロナでの上演ガイドラインの1/2)。などなど、感慨深いものがある。

感想などはまた別項にて。

|

« 7月の予定 | トップページ | 四万六千日 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月の予定 | トップページ | 四万六千日 »