« わーい、銀座! | トップページ | 久しぶりの中劇場 »

2020.08.07

半年ぶりの歌舞伎座

8月4日(火) 「八月花形歌舞伎」

第一部「連獅子」愛之助、壱太郎、橋之助、歌之助

第二部「棒しばり」勘久郎、巳之助、扇雀

第一部、第二部ともに3階3列から(32番と16番)。発売日を失念していて、かなり出遅れたんだけど、まあこれくらいでいいか、というところ。実は第三部と四部はまだ確保してなくて、いつ行くかなと思ってる。昨日、web松竹を覗いててギリギリ思いとどまった日が急に仕事になったり、なんてこともあるし。夜はなんとなく行きにくいし……、さて。

「連獅子」は、意外なことに親獅子・仔獅子の感じは強かったのよね。あれ?と思うくらい。顔の存在感の対比かしらん(爆)。やっと再開された歌舞伎座で、まず連獅子、というのは良かったのかも。かなりサクサク進んでいく感じではある。

 第二部、舞台に勘九郎と巳之助が登場した途端に、わぁぁ納涼歌舞伎で三津五郎の「棒しばり」を見たのが最後になったんだ、と、しばし三津五郎のことを思い浮かべてしまった。あの時、勘九郎が太郎冠者だったんだもの、なおさら。そして、演目や出演者を見てただけでは、全くそれを思い出さないポンコツな私でもある。というわけで、なんだかシンミリしつつ見てしまった。もう7年も前のことだったのか。

なんとか上演にこぎつけたけれど、大変だなぁ、とついつい思ってしまう。この感染拡大の中では、いつ中止になるかわからないし。でも、下を向いてるわけにはいかないってことよね、私たちも。

 

|

« わーい、銀座! | トップページ | 久しぶりの中劇場 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わーい、銀座! | トップページ | 久しぶりの中劇場 »