« 半年ぶりの歌舞伎座 | トップページ | 能楽堂は熱い!でも冷え冷え »

2020.08.10

久しぶりの中劇場

8月7日(金) 「イヌビト 〜犬人〜」13:00〜   於・新国立劇場 中劇場(1階11列34番)

作・演出/長塚圭史  振付/近藤良平  出演/松たか子(案内役/マツダタケコ)、首藤康之(タナカ)、島地保武(妻ツマコ)、西山友貴(息子カナタ)、近藤良平(保健所の人サルキ)、長塚圭史(ジョシュモト)ほか

3e0be2ae8b8b452b876b884ebfc85961 Ac27ce630533444285c207b8f19b90dc

(左)開演前・ロビー (右)終演後・劇場からエントランスへの途中

長塚圭史の作・演出、近藤良平の振付で、首藤康之、松たか子出演、という新国立劇場の企画は、これが3作目。私は今まで見る機会がなくて、今回初めて。しかも今まで小劇場での上演だったのが、中劇場になった。

あっ、タイトルの「久しぶりの中劇場」というのは、新国立のここを指しているのではなくて、いわゆる小劇場・中劇場の話。観劇再開後、小劇場には行ってたけど(シアタートラム、新国立小劇場、下北沢・駅前劇場)、中劇場は初めて。そして大劇場はまだ。

もう少し、お子さんが多いかと思ってたら、それほどでもなかった……気がする。男性の一人客が意外に多かったように見えたなぁ。

長塚さんの作るお芝居って、なかなかわかりにくいことが多いんだけど、これはさすがに目の前で起こってることは不思議ながらわかるのではある。ある町に車で引っ越してきたタナカ一家(と飼い犬プティ)。でも道を尋ねようと車を降りたところから、なんだか不穏。えっ?犬ですって⁉︎    だんだんわかってくることには、この町には「夜型イヌビトウイルス」が蔓延してたのです!  夜にならないと感染してるかはわからない、というか、誰が感染してるのか……。

元々、考えられてたストーリーが、このコロナ禍で変わったらしい。そして出演者はマスク、マスク(進行を司る松たか子はフェイスシールドというよりマウスシールド装着)。これで歌ったり踊ったり。

舞台のセットも可動式のシンプルな絵だったり(車もね)、普通に妻を演じてる人が髭だったり、犬もモフモフとかのリアルじゃないけど可愛かったり。フィクションの世界にはいりこんでくる現実があったり。うーん、どこか絵本的なのかも。

中劇場ということは、ラスト、奥行きを生かした演出がまたよかったわね。

 

|

« 半年ぶりの歌舞伎座 | トップページ | 能楽堂は熱い!でも冷え冷え »

演劇」カテゴリの記事

コメント

あのツマコの人、著名なダンサーなのだそうで、そう言われるとあの犬として寝ちゃうところとか、ああいうのをやりたいと思いつく企画なんだろうなあって、シリーズ全部見て初めて思いました。まあ、著名と言えば首藤さん自体がそうですけど
中劇場は席が二つ空いてるところもあって、キャパ半分以下なんでしょうけど、ああいう構造のせいか今まで見た中でもっともスカスカ感が少ない気がしました。

投稿: 猫並 | 2020.08.12 09:07

猫並さま

ツマコ、動きも含めてとてもインパクトがありました!そんなダンサーだったとは。要注意人物(笑)。
今までこのシリーズを見てなかったのは、ダンス、という部分ゆえに、だったかも、ですが、面白かったです。

そうそう、客席がスカスカして見えなかったのも、よかった点ですね。いつもは中央ブロックが横に長すぎる、とか、ブーブー言ってるんですけども。

投稿: きびだんご | 2020.08.12 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半年ぶりの歌舞伎座 | トップページ | 能楽堂は熱い!でも冷え冷え »