音楽

2020.08.04

夏に聴くマタイ受難曲

8月3日(月) 「三大宗教曲を聴く I マタイ受難曲」12:00〜 於・東京オペラシティ コンサートホール

(バッハ・コレギウム・ジャパン 第137回定期演奏会)

指揮/鈴木雅明 出演/森麻季、青木洋也、櫻田亮、松井亜希ほか 合唱&管弦楽/バッハ・コレギウム・ジャパン

 

A914536c65fa496eb6017cf97fb579dc

今年はバッハ・コレギウム・ジャパンの創立30周年。ゆえに今シーズンの演奏会はそれにふさわしいラインナップ……だった。そう、毎年必ず聖金曜日に演奏されるマタイは、4月10日のはずだったのです。それが、公演延期となり、新日程はわりと早くから8月3日18時30分と出されていた。が、感染症拡大防止のためのガイドラインに従うと、客席を半分にせざるを得ないために、昼夜2回公演となった。

BCJからその旨記載された手紙が来て、返信用封筒に希望回を書いて旧チケットを送った。その後、今度は入場券となるハガキが到着。こういう事務処理もほんと大変よね。

昼の方が私は都合が良かったとはいえ、12時開演ではちょっと苦しい。ゆっくり食事してる時間なんかないから、オペラシティにたくさんある野外のベンチで軽食をパクッとしてから会場へ。もちろん、検温(手首だった)、アルコール消毒などなど。プログラムや物販も当然なくて、字幕が出た(パイプオルガンの左右部分に縦に)。

海外から招聘予定の歌手は来られないから、かなりのメンバー変更が。森麻季さん登場はそれゆえ。華やかさだけでなく、「伝わる歌」という感じ。そして福音史家を務めた櫻田さんほか、オリジナルメンバーも大役に挑んだ。たぶん少し小粒にはなったんだと思うけど、そこは長年の蓄積があるわよね。

最初にオケの人たちがステージに登場したところから、すごい拍手。だってねー、ここまで待ったんだもの。というか、よく開催まで漕ぎ着けた、という気持ちかな。

これ、休憩込みで3時間あるから、聴いてる方もけっこうエネルギー消耗しちゃう。それなのに、2回公演なんて、超人的!

B220bebba56340c7bf6f026e34e42415

夜の部の終演時は、スタンディングオベーションだったらしい。

そうそう、私の席は1階20列16番で、センターブロックのちょうど真ん中。指揮者とその奥のオルガニスト、つまりは鈴木親子の真正面でした(遠いけどね)。で、なぜかこの列のセンターブロックには私だけ!  他の列は4人くらいは座ってるのに。どうしたんだ。

そして2列前に母子がいて、お子さんはせいぜい小1くらいかな。大人でも聴き通すのはなかなか大変なのにね。騒いだりしたわけじゃないけど、やはり後半は飽きてたみたい。なんか可哀想で気が散ってしまったよ。

| | コメント (0)

2019.12.30

サントリーホールで第九を

12月29日(日)  東京交響楽団「第九  2019」14:00〜    於・サントリーホール

ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調  作品125 「合唱付」

指揮/ジョナサン・ノット、ソプラノ/ルイーズ・オルダー、メゾソプラノ/ステファニー・イラーニ、テノール/サイモン・オニール、バスバリトン/シェンヤン、合唱/東響コーラス

 ここ何年か、年末が近づくと家で「第九聞きにいこうか」なんて話になってた。でも、もうチケットが完売だったりして実現しなかったのよね。「どうせならサントリーホールで聞きたい」というリクエストにしばられて。初台なら家から便利だし、池袋もわりと行きやすい。サントリーホールは面倒なんだよ。だけれども……。だから、オケで選ぶとか、指揮者で選ぶとかじゃないの。

 というわけで、今年はやっと、何年越しかでサントリーホールに行けました!   チケットは発売開始日に買ったわけでもないので、1階20列のセンター左寄り。でも、なかなかいい感じで聞ける席でした。

ジョナサン・ノットの名前だけは聞き覚えがあったけど(音楽監督なんだね)、東響も初めて。演奏は軽やかな感じで心地よく進んでいくので、ちょっと不思議。こんなだっけ、と思いつつ、心地よく身を委ねる、と言えばいいかな。ノット氏の指揮姿も、見てて飽きないし。きゃー素敵!と思っちゃいましたです。こんな調子で、独唱も合唱も、ワクワクしつつ聞いてたら、あっという間に終わっちゃったのでした。

アンコールの何度目かで、コーラスの人たちが客席の方に降りてきて、通路にずらっと並び(ステージ上にもいる)、「蛍の光」が始まった。そういえば、開演前に隣の人たちがそんな話をしてたっけな。サイリウムも使うのねー。

オケの方々も退場して、はぁぁ、終わった、と(通路に出にくい場所だし)ゆっくり仕度してたら、なんと、指揮者とソリストが登場。ステージ上で拍手したり手を振ったり、最後まで盛り上がってました。

んでもって、オマケ。そんな調子でゆっくりホールを出て、チェックしてた「ドイツビール」のお店に行ったら、そこに今までステージにいたソリストや指揮者が三々五々入ってくるじゃないの。居合わせた人もみなコンサート帰りだから、それぞれ拍手でお迎えしましたよ。やっぱりノット氏、とてもフレンドリー。

やっぱり毎年、第九に行きたくなるよね。ま、今回の演奏は私向きだったようではあるけれど。

| | コメント (2)

2019.11.18

代官山ツタヤに初めて行った

11月16日(土) 「鈴木優人の自由時間」特別番外編    15:00〜   於・代官山蔦屋書店3号館 Music Lounge Session

(バッハ・コレギウム ・ジャパン 2020-2021 シーズン定期演奏会をめぐって)

出演/鈴木優人、鈴木雅明

オルガンやチェンバロ奏者としてだけでなく、指揮者としても大活躍の鈴木優人さん。父親である雅明さんが作ったバッハ・コレギウム ・ジャパンが来年創立30周年を迎えることもあり、親子対談が実現した。お二人とも、「語りたい」タイプだからねー。

この企画、ネットで見かけて、ツタヤに電話で申し込んだ(店頭もしくは電話申込み)。その時、名前を言うだけでOKだったので「それだけでいいんですか」と聞いちゃった。で、ほんとに当日、代金1100円を支払うだけでした。

代官山ツタヤでは作家のトークなど、さまざまなイベントがあるのは知ってたけど、縁がない街なので、初めて行った。いやー、オシャレな場所ですのね。本を見たりする時間はなくて(近くの旧朝倉家住宅を見学したり、ゴハン食べる時間はあったのに)、ツタヤにはお話を聞きに行っただけ。

優人さんはオランダで生まれて、2歳の頃に帰国。神戸に住んでいたけど、小学校に上がる時に東京調布に転居して、でもすぐにBCJの第1回演奏会で神戸に行った……らしい。

父・雅明さんとの話は、当時の曲目選択のいきさつとか録音のことなどなど、多岐にわたり、時に、その音源の一部を聞かせて下さったりした。放っておくといつまででも喋ってる感じよ。まあメインは、この前日から受付が始まった来シーズンの定期会員になってね、みたいな部分かもしれないけど、客席には熱心なファン(と古楽関係の人)ばかりのようでした。

1時間半のトークの最後に、「子供の頃の遊び」と言って、親子連弾を聞かせて下さった(フォーレの曲)。雅明さんは、アメリカから帰国されたばかりで合わせたりもしてない、とのことでしたが、柔らかな音が素敵でした。ピアノの右手には大きな窓があって、そこから外の木の葉が見えて、なんだか不思議な時間。

客席には雅明夫人もいらして(BCJの合唱メンバー)、ニコニコ大きな拍手を送ってらした。親子2代でまっすぐ同じ道を歩み、しかも一族がみなそれに関わっているなんて、正直、信じられないわよ←優人さんの叔父さんも妻も音楽家。どうやったらそんな教育ができるのでありましょうか。

C4d02ec0ced3405dace2617b9bd53160

↑ バッハ・コレギウム ・ジャパンのツイッターより。

| | コメント (0)

2019.07.04

指揮者の追っかけをしたくなったよー

7月2日(火)  「ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団」19:00〜   於・武蔵野市民文化会館  大ホール

(指揮/ミヒャエル・ザンデルリンク)

シューベルト:交響曲第7番ロ短調「未完成」、ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調「運命」ーー休憩ーードヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」(アンコール:ドヴォルザーク「スラヴ舞曲」第1集より第8番)

 

  久しぶりに武蔵野市民文化会館に行った。改装オープン後、初めてではないかなー。新しい椅子の匂いがしたもん。

定評のある武蔵野市のクラシック演奏会。一つには値段が安い。今回のドレスデン・フィルも、サントリーホール公演と比べたらちょうど半額くらいと思う。そして、今回はここに挙げたように、とてもポピュラーなラインナップ(あと、とてもユニークな言葉が並ぶチラシも一部では有名)。つまり敷居は低く、熱心なファンが多いのが特長かなー。ま、駅からちと遠いのが難点ではあるけど。

長身痩躯の指揮者ザンデルリンクがとても素敵で、後からちょっと調べちゃったりして(アハハ)。やはり一番馴染みがあるドヴォルザーク「新世界より」に特に引き込まれたかなぁ。音の美しさと、「余白」の意味を感じたりして。

 また機会があったら、武蔵野にも行こうっと。そして、ザンデルリンク!(父親も兄たちも指揮者なんだって)素敵なのよー。

| | コメント (0)

2018.04.26

「レ・ヴァン・フランセ」の追っかけしたいぞ

レ・ヴァン・フランセ Les Vents. Francais
4月20日(金) 19:00〜 於・文京シビックホール大ホール
4月21日(土) 15:00〜 於・三鷹市芸術文化センター 風のホール

20日/ミハイル・グリンカ「悲愴三重奏曲 ニ短調」、ルートヴィヒ・トゥイレ「六重奏曲 変ロ長調Op.6」(休憩)ジャック・イベール「木管五重奏のための3つの小品」、ダリウス・ミヨー「フルート、オーボエ、クラリネットとピアノのためのソナタOp.47」、フランシス・プーランク「六重奏曲FP.100」
アンコール:ドビュッシー「小舟にて」、もう1曲は?

21日/クルークハルト「五重奏曲ハ短調op.79」、ミヨー「フルート、オーボエ、クラリネットとピアノのためのソナタop.47」、プーランク「六重奏曲FP100」(休憩)ドヴォルザーク「六重奏曲(ピアノ五重奏曲第2番イ長調op.81/B155からの編曲)
アンコール:ドビュッシー「小舟にて」

前回の日本公演ツアーは去年のことかと思ってたら2016年秋でした。今回も無事に文京シビックホールと三鷹市の風のホールに行くことができた。各ホールで、共通して演奏する曲と独自の曲があるから、ほんと、あちこち追っかけたくなるのよ。

プーランクの六重奏曲は前回も聞いていて、レ・ヴァン・フランセの看板曲みたい。
それ以外で、一番気に入ったのはトゥイレ「六重奏曲」かな。明るく浮き立つような曲で、大好きなピアノのエリック・ルサージュが印象的。

そして、ドヴォルザークの「六重奏曲」も、美しくて、こんな風に木管アレンジで聴ける(もとはピアノと弦楽四重奏曲)のは、幸せ。

メンバー中、日本での活躍が目立つのは、フルートのパユと、クラリネットにポール・メイエかと思うけど、そしてたしかにこの2人は素晴らしいけど、残りの4人も決して負けてない。

文京シビックホールは、とても大きなホールで、S席じゃなくてA席で聞いたんだけど、それが右サイドかぶりつきの席。三鷹は室内楽向きの中ホールで真ん中あたりから聴いた。あちこちの公演に行けたなら、上の方からとかも聞いてみたいな(オペラシティほかでも公演あり)。

文京でのトゥイレの曲が気に入ったもので、翌日、三鷹でCDを買っちゃったわ。

| | コメント (0)

2018.04.21

2日続けてコンサートホール

4月21日

4db841510c6c49ae9a81bda14d9205c4


前回のコンサートツアーでも、文京シビックホールと三鷹市芸術文化センターに行った私。他の会場も行きたいけど、タイミングが合うのがなぜかここなのよ。

あー、ほんとに素敵でした。うっとりー。

現実に戻って、ちょっと仕事します。

| | コメント (0)

2018.04.16

息抜きにバッハ

4月14日(土) 「見て聴いて楽しむ‼︎ バッハオルガン紀行 椎名雄一郎」 14:30〜 於・東京芸術劇場コンサートホール

Bffaad5ed49c41aca1e5c0b89c0a5a68

東京芸術劇場のパイプオルガンは、ルネサンス&バロック面と、モダン面がある。その回転の様子は、今までに2回見ている(前回の椎名氏演奏会でも)。今回もプログラムの前半はルネサンスとバロックで、休憩時間に回転して、後半はモダン。というわけで、休憩時間にも席でその様子を見ていた。


24bc6143c21848e6bc79ea131e9448a2


演奏者の椎名氏が、前半・後半ともに、最初にまとめて簡単に曲の解説をして、それから演奏。集中できる、のではあるけれど、いざ聴いてる時にはもはやその曲の聴きどころを忘れてるという……。でもまあ、パイプオルガンの響きにゆったりと浸って、楽しい午後だった。

けっこう地味な演奏会のように思えるけど、1階はほぼ満席(1階の中央で見ていたので他の階の様子はわからない)。客席の雰囲気も落ち着いていて、とても好ましい。こんな土曜の午後もいいな、と素直に感じられる。

翌日の書の提出を控えて、いい気分転換になりました。

ランチには西池袋公園のそば、ZOZOIという、古め・こぢんまり・でもお洒落?なカフェにて。ここに行くのに方向音痴2人は大変苦労しましたです

| | コメント (0)

2017.12.15

初・東京カテドラル

12月13日(水) 「プラハ・バロック合奏団 “きよしこの夜〜クリスマス名曲の贈り物”」19:00〜 於・東京カテドラル聖マリア大聖堂

Img_1159

↑プログラム


プラハ・バロック合奏団についてはほぼ何も知らなかったんだけど、東京カテドラルに行ってみたくて でも夜公演だから、結局、建物とかは見えなかったわー。
合奏団のメンバーはチェコフィルやプラハ交響楽団などのメンバー。芸術監督はオーボエの方で、構成はヴァイオリン3、ヴィオラ・チェロ・コントラバス各1、オーボエ2、ファゴット1、そしてチェンバロ。女性は3人だなぁと思いながらパンフを見ていて、そうだ!シュテバンカ・クトマノヴァーみたいに、母音がアで終わる名前は女性よね、などなど(ま、ベラ・チャスラフスカですね)。

プログラムでもわかるように、前半は有名な曲の一部を。演奏者は出番がない時は左右の袖(でいいのか?)で待機。ファゴット協奏曲とか、ホホーなんて思いながら聞いてた。

休憩の後はクリスマス・メドレーですね。美しい曲の数々にほっこり。でも、正直、だんだん寒さを感じてきて、足元つめたーい。

往復は新宿駅西口から都バスで(椿山荘前まで)。初めて乗る路線でバス旅も楽しんだ。


↓休憩時、チェンバロ調律中。


Img_1160


| | コメント (0)

2017.09.22

オルガンを聴く休日

9月18日(月・祝) 「第8回 武蔵野市国際オルガンコンクール 入賞者披露演奏会」14:00〜 於・武蔵野市市民文化会館 小ホール

聴衆賞・千田寧子
第3位:カテリン・エマーソン(米)
ーー休憩ーー
第2位:トーマス・エドウィン・ゲイナー(Nz)
第1位:アマンダ・モール(米)

武蔵野市で3〜4年に一度、開催されている国際オルガンコンクール。プレイベントもたくさんあるし、予選・本選なども聴けるのだけれど、とりあえず入賞者のお披露目演奏会へ。
前日の三鷹・芸術文化センターへ行くのと同じバスに乗ったけど、こちらは駅に着いてから北へずいぶん歩くんで、行く前からちょっと萎える 行っちゃえばなんてことなくて、楽しめるんだけどねぇ。

審査員による審査は、弾き手が誰かわからない状態で行われるらしい。が、第4位かつ聴衆賞の千田さんは、衣装も佇まいもとても地味。対して優勝したアマンダさんは、体格がいいこともあってパワーみなぎる、という感じ。ものすごく対照的だったわー。そして、パイプオルガンってすごく足を使うから、パンツスタイルの人が多いと思うけど、アマンダさんはミニ(キュロットかも)。演奏する前から、ただならぬ迫力を醸し出してた。

それぞれの演奏者が2曲ずつ披露。中で印象に残ったのは、実は千田さんの2曲め「時の形象ーIII、時間」(D・シュステック)という曲。プログラムも読まずに聴いていて、ひゃーアニメ映画の音楽みたい、などと思っていた。宇宙空間に飛び出す、といった感じで。そしたら、作曲者は1977年生まれなんだって。いかにも ぜったい、この曲を弾いて聴衆賞だったに違いないと、勝手に決めてる。

2位(唯一の男性)と1位の人がそれぞれバッハを1曲演奏。やっぱりオルガンといえば、という固定観念があるのか、聴いていてとても落ち着く。今、プログラムをよくよく見たら、2曲ずつ弾いてる曲は、みなさんバロックと現代の組み合わせだったもよう。

Img_1118


| | コメント (0)

2017.06.19

調布国際音楽祭、最終日

6月18日(日) 「フェスタ! 動物の謝肉祭」 14:00〜 於・たづくり くすのきホール

出演/鈴木優人(指揮・ピアノ)、小林沙羅(ソプラノ・語り)、松田理奈(ヴァイオリン)、長谷川陽子(チェロ)、上野星矢(フルート)、横川晴児(クラリネット)、森下唯(ピアノ)、西山真二(コントラバス)←ソリスト
飯守朝子(ヴァイオリン)、福田道子(ヴィオラ)、金子泰士(パーカッション)

ピエルネ:カンツォネッタop.19
アルカン:ピアノのための練習曲「鉄道」
フォーレ:夢のあとで
ラヴェル:ツィガーヌ
サティ:ジムノベティ第1番
サン=サーンス:アレグロ・アパッシヨナート 作品43
アーン:クロリスに
ビゼー=上野星矢編:カルメン幻想曲
………休憩………
サン=サーンス:動物の謝肉祭 原作:谷川俊太郎「動物たちのカーニバル」

プログラムの前半は、それぞれの楽器、歌のソロを聞き(すべてフランスもの)、休憩後に、サン= サーンス「動物の謝肉祭」を、谷川俊太郎の「動物たちのカーニバル」の朗読とともに楽しむ、という趣向。

前半のソロ曲は、短い曲であってもかなりの超絶技巧だったり、珍しいのだったり、ほっとするのや……相変わらず攻めてますね、なプログラム。初めての人の中では、ヴァイオリンの松田さんと、フルートの上野さんがインパクトありました。

動物の謝肉祭は、小林沙羅さんの朗読も上手で、おなじみの曲たちもより楽しく聞けた。

音楽祭の最終日。フィナーレは17時からのバッハ・コレギウム・ジャパンによるモーツァルトだったけど、そこまでは欲張らずに、のんびりと楽しんだ。
前日と同じく、スターバックスのコーヒー試飲コーナーがあって、ごちそうさまでした
また今後の展開を楽しみにしていよう。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧