2019ドイツ

2019.10.04

旅のあと

10月4日(金)

昨日、13時30分頃に成田空港着。14時30分発のリムジンバスに乗って、帰宅は17時くらいだったかな。この時間に帰ると、洗濯できてゆっくりゴハンも食べられて、楽だわー。さて、一応、旅を振り返っておきます。

……………………………

9月27日(金)早朝出発。ヘルシンキで乗り継いでミュンヘンのホテルに着いたのは、現地時間19時頃だったかな。疲れてバタンキュー。やっぱり長時間移動はだんだん辛くなってくる。

9月28日(土)メインは午後14時15分集合の、オクトーバーフェストに参加すること。それまではマリエン広場のあれこれを見て歩く。ちょうどフラウエン教会とペーター教会はどちらもミサの最中。静かにそれを見学して、後からもう一度行ってみた。

オクトーバーフェストは、ほんとに壮大なお祭りなんだなー、と実感。朝早くから、色んな所で民族衣装の人たち(の集団)を見かけたし、フェスト会場の近くでは酔いつぶれてる人も見たよ。まだ昼過ぎなのに。14のテントがあるそうで、広大!  会場と集合場所のテントの入り口、どちらでも荷物チェックがあった。でも、そんなに厳しくはないみたい(水を没収されたけど、それは中で買えということかな)。

日本語アシスタントつきの現地ツアーで、総勢14人。意外にも、日本からの人よりも、ドイツ内外に赴任中とか、香港から中欧旅行の途中とかという人が多かった。日本からだと、日本発着のツアーが多いのかもね。

9月30日(日)ザルツブルクへ。この日から4日間使えるジャーマンレイルパスを購入してたので、そのパスと、あとはドイツ鉄道(DB)のアプリが頼り。ザルツブルクへはオーストリア鉄道の車両で行ったけど、パスは使えるのです。

駅ナカでザルツブルクカードを買って、これでモーツァルトハウスなどの入場券やケーブルカー、バスなどの乗り物も自由なので、気楽。しかしこの日は快晴で日に焼けました。

10月1日(月) 朝イチで、ホテルの近くにある、ミュンヘン一揆などなどヒトラーゆかり(?)のビアハウスの跡地へ。今はミュンヘン・フィルや、図書館などが入る文化施設「ガスタイク」になっている。それから10時マリエン広場集合で「ダッハウ収容所」への現地ツアーに。電車とバスを使っての移動で、総勢30人くらい。これで3つ目の強制収容所だけど、どれも英語ツアーだから、中身はあまりよくわかってません。

15時30分くらいに電車内で解散して、荷物を引き取ったあと、ミュンヘン中央駅へ。ここからICEでフランクフルトへ移動。大きなスーツケースがあるので、車両の荷物置き場の近くの席をアプリから指定で取っていた(座席指定料、1席4.5ユーロ)。

フランクフルトでは、話のタネになるかと、東横インに宿泊!

10月2日(火)ひたすら鉄道パスでの旅。行き先をどこにするかけっこう迷ったけど、エアフルト〜ワイマールあたりに決めた。このエアフルトがとても歩きやすい街で気に入ったわー。ここでもオクトーバーフェストをやってた。ここで時間を使って、ワイマールには到達できずフランクフルトに戻っちゃった。夕食は東横インで、しゃぶしゃぶを食べたぞー。

10月3日(水)空港へ17時半くらいには行きたいので、それまでに回れる所、ということで、イトシュタインという木組みの家が可愛い小さな街を歩いて、その後マインツへ。ここの聖シュテファン教会にはシャガールのステンドグラスがあるので、それを見て、フランクフルトに戻った。

いろいろ順調だったのに、最後に空港で、JALが発着する第2ターミナルへのシャトルがなく(!なんで?)、ぎゅーぎゅーのバスで移動。やっぱりルフトハンザと同じスターアライアンスじゃないと冷遇されるのかーい。ハイ、お疲れ様でした。

| | コメント (0)