演芸いろいろ

2019.09.02

華やかな花街の踊り

9月1日(日)  「大江戸寄席と花街のおどりーその九ー」15:00〜     於・国立劇場 大劇場

第一部・大江戸寄席    講談(石川一夢)一龍斎貞寿、曲独楽・三増紋之助、落語(井戸の茶碗)柳家喬太郎

第二部・花街のおどり   序幕/長唄「七福神」   花柳界鳴物競演/赤坂「咸臨太鼓、新橋・素囃子「出端・早笛」、浅草「浅草太鼓」   江戸六景廻燈籠ー小唄十二ヶ月ー    幇間芸「深川」   お座敷遊び「とらとら」   フィナーレ/六花街「木遣りくずし」

案内役/葛西聖司

この催しは今年で9回目……ということを全く知らず、喬太郎さん出演ということでイープラスかどこかから案内メールが来た。お値段も手頃だし、楽しそう、ということで、友人たちとの「例会」に採用!  S席じゃなくていいか、とA席にしたら、いわゆるドブだったけど、まあどこでもOK。

第一部の大江戸寄席は、ふだんあまり馴染みのない人にも親しみやすく、というとことかな。みなさん、オーソドックスに。喬太郎さんもあまりマクラで遊ばず、毒も吐かず(笑)。隠しきれない狂気の片鱗はあった……かも、だけれど。という感じでむしろ新鮮に感じるという、ヒネたファンなのですわ。

それにしても第二部が楽しかった。六花街、赤坂、新橋、浅草、向島、芳町、神楽坂の芸者さんたちの、踊りのみならず、鳴物や三味線、唄までも。それぞれの演目の前には、案内役の葛西さんの解説や、インタビューがあったりして、とてもわかりやすい。

 お座敷遊び「とらとら」は、和藤内、虎、和藤内の母の「三すくみ」の勝負(屏風の陰から)を歌に合わせて。歌の練習もしたわよ。そして海外からの留学生(高校生)が3人、その勝負に参加。けっこう楽しかったよ。さすが、主催者が「公益財団法人東京都歴史文化財団  アーツカウンシル東京」だなー、などと。

最後は芸者さんたち総出演の「木遣りくずし」。舞台上にも花道にもずらり。圧巻でした。

見る前は3時開演だから、5時ごろまでかなー、と思ってたら、タイムテーブルに6時05分終演予定となってた。それが実際には6時半近くになってたけど、満足!な3時間でした。来年も見たいぞ、と思っちゃった。

| | コメント (0)

2007.11.25

久しぶりの花形演芸会

11月24日(土) 「花形演芸会」 13:00~ 於・国立演芸場

(瀧川鯉之助、隅田川馬石)、翁家小花(曲芸)、三遊亭円馬・蒟蒻問答--仲入り--林家二楽(紙切り)、U字工事(漫才)、ポカスカジャン(ボーイズ)

 ちょっと気が向いたので、花形に行ってみた。夕方からの仕事の前に行くにはちょうどいいかな、安いし、という程度で。なので、夕食の支度(昼食と夕食の支度を一緒に)などをしていて出遅れたのも仕方ないという感じ。仲入りからでもいいかと思ったけど、それだと落語が全く聞けないじゃないの。どうしてこういう番組なの??

 一番気に入ったのは小花ちゃん。仙花さんは見たことあるんだけど全く初めてだと思う。すっごく可愛い、愛嬌があって。応援しちゃう!! あ、小花ちゃんの五階茶碗を見てたら、私みたいに腕が長いと便利かも、と思ってしまった。他の人ではそんなこと思ったことないんで、特別彼女は腕が短いのかしらん。二楽さんの紙切りは、リクエストが「老いらくの不倫」と「アンパンマン」。どちらもご老人から出たお題だけど、すごい対照的でおかしい。その後、「ドスコイ青春」というタイトルの紙切り劇場。もうちょっとゆっくり見たい気もするんだけど、曲(「飛び出せ、青春」?)に合わせるから仕方ないのかなあ。

 ポカスカジャンは初めて見たときの衝撃がわすれられないまま、今に至る・・・なので、どうしてもあの「興奮状態」を求めてしまって不完全燃焼。出だしの口三味線ならぬ口鼓には感心したし、リーダーの「剥ぎ名人」なども、体張ってます、なんだけど、わーー、が単発的に思えた。

 私の周りの席は、ほんとに年齢が高かった。なんかのどかに素直に演芸を楽しんでいる、という風情はすごく好き。

| | コメント (0)

2005.08.07

大川に船を浮かべて飲んだくれ(*^_^*)

yakatabune028月7日(日) 「江戸な船遊び~屋形船で幇間芸~」 柳橋12:00出航

幇間:櫻川七好 三味線:なみこ姐さん(?)

西麻布の某店に集うわいわいグループで、屋形船に乗るという企画に、是非にと入れてもらった。屋形船に乗るのも、幇間の芸を見るのも初めて。今日は浴衣で繰り出す。柳橋あたりは、以前、噺家・市馬師匠ファンの「両国遊覧」で行ったことがあるので、その時のことをちょっと思い出したり。落語「船徳」もさぞやこんな日、という猛暑の真昼、食べて飲んで喋って・・・。

続きを読む "大川に船を浮かべて飲んだくれ(*^_^*)"

| | コメント (0)

2005.08.06

酷暑の中、夏着物で三味線ライブへ

8月6日(土) 「柳家紫文のみたかdeきいたか」 17:00~ 於・三鷹 文鳥舎

(前座)小梅、紫文・小唄や都々逸、「たがや」紫文バージョン、などなど

 息子が通った中高のPTA仲間で、今もなんだかんだつき合っている友人がいる。一度、末広亭に一緒に繰り出したこともあるのだが、今回は「夏着物でGO!」を企画せよと言われ・・・ちょうど二人とも行きやすい場所・三鷹で、紫文さんの会があるではないか、と即決。彼女は着物で車(赤いbB)を運転してきたぞい。

 ということで、私は寄席で「鬼平」しか聞いたことなくて、彼女は全く初めて、という初心者コンビ。実のところ、着物が先で、紫文さんが後、ではあるが、枯れ木も山の賑わいってことで(笑)。

続きを読む "酷暑の中、夏着物で三味線ライブへ"

| | コメント (2)